同志社大学ラグビー部は8月9日~8月25日(日)北海道北見市モイワスポーツワールドでの夏合宿をスタートしている。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 同志社大学ラグビー部の春シーズンは4月初旬の関西セブンズに始まり、5月5日ラグビー祭での近畿大学戦を皮切りに立命館大、早稲田大、帝京大、筑波大、慶応大、関学大など強豪校との対戦を重ねてきた。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 つぶさに観戦しこのブログにも掲載してきたので、見ていただいている方には今年の同志社に賭ける思いは分かっていただいていると思うが、秋の本番に向けて私なりの意見も含めて俯瞰してみたいと思う。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 まずは有望な新人の活躍が目に付いた。昨年度、高校ラグビーV校の常翔学園から入部した海士広大、山田有樹、松井千士の3人。





ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 群を抜くスピードでたびたびトライした松井選手の鮮烈なデビュー、春シーズンの途中からはAに定着し安定感のある山田選手は、もう欠かせない選手となっている。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 花園組ではないが、福岡高校出身の末永健雄、彼もフランカーとしてAからの出場、トライへの嗅覚、研ぎ澄まされたアタックは将来が楽しみな選手です。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 1回生にはU19などジャパンに選ばれている選手が目白押し、茗渓学園出身の大越元気選手の他にも楽しみな選手が多いのはうれしい限りです。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さて今年は東福岡出身の秋山哲平キャプテンの率いるチーム、①北川、②秋山、③才田の東福岡出身で固めた第一列は強力だと思います。スクラムでは押し負けていないのが心強い。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 ロック陣は④山田、⑤冨田を使っているが、私はまだまだレギュラー争いが激しいポジションだと思います。怪我人からスタートした森山雄は1回生から期待された逸材、3回生になった今年は中心選手になって欲しい長身(190cm)のロックです。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 第3列はNo8に天理高校のキャプテンも務めた田淵慎理選手を起用、フランカーは新人の末永選手を抜擢しているが、このポジションはまだ確定しておらず、夏合宿を通じてどんな選手が頭角を現すかに注目しています。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 SHは1回生に大越、2回生に岩村、3回生に中山、4回生に清鶴とそれぞれ特徴のある有望な選手が揃っているだけに、誰をAで使うのか迷うのはうれしい悲鳴かもしれません。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さぁポイントはバックス陣ですね。SOは本場ニュージーランドのクライストチャーチボーイズ校に留学していた渡邉夏燦選手も2回生になり、彼の才能がチームにフィットすることを期待しています。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 宮島、松井、藤本のバックスリー、木村、林のセンターコンビも安定感がありますが、他にも足腰の強い選手が沢山いてるので、ここはもっともっと切磋琢磨して欲しいと思います。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 ボールを動かす高速展開ラグビーを志向する同志社ラグビーなので、スピード感溢れる魅力的なバックス陣を形成して欲しいと願っています。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧




ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さて今年の春シーズン、近畿大学戦の勝利からスタートしたものの、立命館戦では手痛い大敗、早稲田、帝京、筑波戦では健闘するもののまだ勝つには至らず、慶応戦では課題を浮き彫りにした試合ではなかったでしょうか。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 しかし春の最終戦、恒例となった関西学院大とのA/B/Cの三戦は、2勝1敗でしたが、Aの勝利を含めて収穫の多い締めくくりだったと思います。


この関学戦で目を見張ったのが森脇悠輔選手、伏見工業出身のスタンドオフ、3回生ではレギュラーをつかみ名勝負の場面での彼の姿を思い出すファンも多いでしょう。彼は昨年、春シーズンで大怪我を負い最終学年のシーズンをリハビリに費やした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

彼は今年、復活しました。最終の関学戦、途中から出場した森脇選手のキレキレの活躍はこのブログでも紹介済みです。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 昨年のキャプテンの西林選手もまだ部内に健在なので、秋本番では昨年悔しい思いをしたこれら上級生の活躍にも私は密かに期待しています。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 学生のことですからこの夏合宿の成果次第では、勢力地図も塗り替えられると思っています。アタックはそこそこ魅力的な場面が想定できるので楽しみですが、やはり課題はディフェンスでしょう。そこを夏合宿で徹底的に克服して欲しいと思います。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

今年の同志社ラグビーを俯瞰しましたが、私が彼らに望むのは、今年のスローガンとして掲げている『志高く!』です。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧
私がラグビーに入れ込んでいるのは、ラグビーが“ただ勝てばいい”スポーツではないから。ノーサイドに代表されるラグビーの精神が好きです。レフリーの見えない所で反則するなんてのは以ての外でしょう。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 フェアプレーの精神で堂々と戦って欲しい!もちろん勝って欲しいし、日本一になってくれる日を夢見ていますが、ひとつひとつのプレーで感動を与えて欲しいという願いです。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧-image

さぁ!今年の同志社ラグビー、紺とグレーに身を包む若きラガーマンが秋の本番で勝利の雄叫びをあげる姿を今から待ち遠しく思っています。


9月7日(土)京田辺のホームグラウンドで明治との定期戦が組まれている。ひとまわり大きくなった選手達の勇姿を期待いたしましょう。