ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 2013年6月30日(日)田辺Gにて同志社vs関学のB戦が12:00キックオフA戦の前に行われた。その前日同志社はD戦では31-40で競り負けたものの、C戦は59-17で大勝、この日はB戦でまず勝ってA戦に弾みを付けたいところでした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 同志社Bは、三宅、藤川、鳴海、八木、戎、東、清水、趙、中山、田中(大樹)、木村(凌太)、長井、吉澤、廣瀬、岩本がスターティングメンバー。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 今年の同志社は有望な新人達にも恵まれ着々とチーム力が上がってきているように思える。このBのメンバーも虎視眈々とAチームのレギュラー入りを狙っているだろう。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さてこのB戦負けられない関学もしっかりとしたバックスの展開ラグビーを仕掛けてきた。SH湯浅、SO清水からウイングの中井に渡り前半6分関学の先制トライ!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 関学の⑨湯浅、⑩清水は京都成章の先輩と後輩のコンビ、新人の清水選手は走、攻、守三拍子揃った良い選手です。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

しかしすかさず同志社も⑫長井君のトライで取り返す。前半は取られては取り返す展開す譲らない展開で19-19の同点で折り返しました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 同志社と関学、今年のチーム力は今の時点ではかなり拮抗していると思います。調子を上げてきた分だけやや同志社がリードしているようにも見える。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 後半もお互いトライを取り合う展開が続く。同志社のFWは機動力もありますね。⑦清水選手、東福岡出身の4回生。彼の走力のある突破でたびたびチャンスを作るシーンが見られた。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 マンオブザマッチに選ばれた④八木選手も良い働きでした。後半24分⑭廣瀬選手のトライで追いつきコンバージョンキックで33-31とこのゲーム待望のリードを奪いました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 ここでさらに攻撃の手を緩めないのが今年の同志社の強さでしょうか。終了間際、敵陣深くからリターンしたボールを廣瀬選手が走りきりダメ押しのトライ!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ゴールも成功し40-31と良いムードで同志社Bの勝利でした。後半から登場の①森田、⑬江口、③海士、⑨清鶴、⑤伊藤、⑪崎口、②鈴木もチームにフィットしており頼もしい限りでした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

さてこれで、同志社vs関学、A・B・C・Dの4戦のこのブログでのご報告が完了いたしました。A戦終了後はアフターマッチファンクションとして同志社のファミリー祭にも参加しました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


その模様と今年の春の同志社の総括はまた後日させていtだこうと思っています。