ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 第92回全国ラグビー大会 常翔学園vs御所実業の決勝戦が1月7日(月)近鉄花園ラグビー場で行われた。


近畿勢同志の戦い、お互い手の内は知り合った対戦。私も何度となくこの対戦は見てきた。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 常翔学園の重選手、松井選手、中西選手、佐々木選手、そして桶谷選手、1年生から彼らを見てきたが、ホントにイイ選手に育ってきたと思います。


どこからでもボールを動かしてトライを取りきれるそんな痛快なラグビーに魅せられていた。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

御所工業も粘り強いディフェンスと執拗なモール攻撃、意思統一された全員ラグビーはいつも黒の脅威でした。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 12月28日に開幕した全国高校ラグビー、参加した51校が花園の舞台で数々のドラマをラグビーファンに見せてくれた。


1月3日(木)準々決勝・秋田工業vs御所実業、秋田工業のベンチの上で観戦しました。紺と白のジャージ、秋田工のフィフテーンはとっても爽やかでした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 Aシードの秋田工に立ちはだかる御所実の鉄壁なデイフェンスはお見事でした。それでもその壁をこじ開けようとした秋田工、監督さんの熱い指示(声援?)は観客席にも届いていた。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 敗れた秋田工のフィフテーン!高校ラグビー・花園・破れた選手の号泣のシーンはいつも胸が熱くなります。こんなに大声で泣ける男がいるのかといつも思う。それが花園、それがラグビー。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 1月5日(土)準決勝・茗渓学園vs御所実業、東福岡を破って勢いづく茗渓がどんな戦いを魅せてくれるのか。でもここでも立ちはだかったのが御所実業。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧
茗渓のアタックを懐深く受け止めて、切り返しの攻撃でトライを取りきるこの日の御所には余裕すら感じた。


決勝に駒を進めた御所実業、公立高校、地元の選手中心にここまでのチームを作り上げた竹田監督に改めて感服しました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さて決勝戦、常翔学園の優位が伝えられていたがこの日は御所実の戦いぶりに注目した。後藤選手が野崎選手がパッパァ~ンといつもの攻撃で常翔がリードを奪う。


もう一本取っていれば常翔のワンサイドになっていたと思います。ここからが粘り腰、御所の真骨頂が出たと思います。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

いいゲームでした。最後は常翔学園の意地のトライで最終を飾りましたが、ここまで粘った御所実に私は心から拍手を贈りたい。


“感動をありがとう!”またこの花園で・・・、いい夢を・・・、では、おやすみなさい。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

あっ、常翔学園の皆さま、おめでとう!山田君、海士君、松井君、京田辺で待ってるぜ!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


茗渓の大越元気君もネv(^-^)v