ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 11月4日(日)京都・宝が池競技場12:00キックオフ、関西大学Aリーグ 同志社vs大体大の一戦が行われた。


ここまで1勝3敗の同志社、もう後がないところまで追い詰められている。一方、大体大も坂田監督が今季限りでの勇退を表明されているので、こちらも負けられない戦い。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 同志社は選手もだが、応援団、観客席もかなり入れ込んでいた。快晴、無風の絶好のコンディション。ワイドに展開したい同志社と縦に攻め込みたい大体大、どちらがイニシアティブを握るのか・・。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 やはり硬くなっているのか同志社フィフティーン、前半4分 大体大がモールを押し込み先制のトライ。同志社PGの後、ラックからバックスに走りこまれてまたもや大体大にトライを許す。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 またもや嫌なムードが漂ったが、これを吹き飛ばしたのは、同志社の若いバックス陣でした。⑨中山(2年生)→⑩渡邊(1年生)→⑭尾崎(2年生)→⑬林(1年生)、タックルを受けながらゴールを割ったのは林君でした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 これで息を吹き返すのか同志社!しかしここで波に乗れない同志社。ラックから大体大②王君にど真ん中を射抜かれて被トライ。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


観客席からは「落着けぇ~」の声が飛ぶ。「Go!Doshisha,Go!」の声もこだまする。PGをはずした後、この窮地を救ったのはやはりキャプテン西林君でした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 前半32分、渡邊君のシザースから、アングルを変えて入ってきた西林君の意地のトライ!15-19と必死に追いすがる同志社。


さてワントライで逆転の4点差でハーフタイムを迎えました。今日は宝が池のバックスタンドで観戦しました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 芝生席には紺グレの旗を振りしきる絵になる応援団に遭遇!ちょっと記念撮影させてもらいました。


さぁ、彼ら彼女たちの思いが後半選手たちに伝わるのか・・。


後半はしばらくは膠着状態が続きました。じりじりと時計だけが空しく過ぎていく。この壁を打ち破ったのは同志社⑭尾崎君でした。長崎北陽台出身のスプリンター、その韋駄天ぶりは高校ラグビー、花園でも大活躍でした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 20-19と同志社が初めてリードを奪う。さぁ行くぞ、しかしその後すぐに大体大のFWにトライをあっさりと許すのは、「気前ぇが良すぎるでぇ~」と笑い泣きするしかない、22-26。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 後半25分にはまたもや大体大FW、またもや③伊尾木君の連続トライ、得点は22-33。「オーマイゴッド!」万事休すかと思われました。


気丈夫な応援席からもあきらめのため息も聞かれた。実は私ももう下を向いていた。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 後半から投入された⑱冨田賢司、⑳下平凌也、ともに4年生、大分舞鶴、常翔学園出身の両選手は将来を嘱望される選手です。本来ならスタメンでチームを引っ張るべき選手。


彼らの4年生の意地がここで発揮される。そしてここで登場の木村選手、彼は関東学院高から同志社に来た2年生。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 木村君の意気の良い突進が先輩達に火を付けた。彼のボールを繋いだのはまたもや西林君でした。強い、西林、相手ディフェンスを引きずってのトライ。後半31分、ワントライを返し27-33の6点差。


ワントライ、ワンゴールで逆転の点差!残り時間はあと10分。「Go!Doshisha,Go!」悲鳴にも似た声援が続く。まだ、時間はある!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 同志社の今までの3敗は、接戦になるも終盤この僅差を跳ね返せずに敗れたものばかり。私も必死で祈ってました。「どうか、勝たせてください!」と、


後半36分、その祈りが通じたのか、下平選手がスルスルと抜け出して左中間へのトライ。得点は32-33の1点差。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

長井君が狙うコンバージョン、ほんと、心から祈りました。慎重に狙う長井君、同志社ファンの心を乗せたボールはゴールポストの中を射抜いた!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 34-33、インジュアリー・タイムを凌いだ同志社が何とか大体大戦を制しました。苦しんで苦しんでようやく掴み取った貴重な1勝。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 1番嬉しかったのはマネージャーさんや裏方さんではないでしょうか。選手以上に悔しい思いをしているのは彼や彼女たちかもしれません。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 そして選手たちの親御さん!今日の1勝、1点差の勝利は、重みのある価値のある1勝だと思います。大学選手権にも首の皮が繋がった勝利。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 次週は立命戦、その次は天理戦、関西はどのチームにも可能性がある横一線だと思っています。同志社は特にバックスは1年生、2年生が並ぶ若いチーム。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

可能性を求めてどんどんと前向きに取り組んで欲しい。今日は、決勝点をあげた下平君!君の仕事はまだこれからですよ。頑張れ!同志社、今日はありがとう!