ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 2012静岡県ラグビーフェスティバルが静岡県営草薙球技場で開催されました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 この地を訪れたのは、私の長い人生の中でも初めてだと思います。静岡といえばTLのヤマハのイメージ、スポーツではサッカー王国のイメージが強い。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 それは兎も角、今日はメインの明治大学VS同志社大学の一戦を熱烈観戦いたしました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 同志社ファンとしても、ラグビーファンとしても、かつて大学ラグビーをリードしてきた両校が名実ともにトップに立つ戦いを繰り広げて欲しいとう願いを乗せて・・。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 スターティングメンバーの発表!同志社ではSOに起用された渡邉夏燦選手、明治では久しぶりですねアウトサイドセンター猿楽直希選手に注目しました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さて14:00キック・オフ!いきなり8分には明治⑥前田一平選手のトライであっさり先制。続いて、明治のバックス攻撃、⑮高平祐輝選手のトライで12-0とリードを広げる。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 やはりムードは明治ですね。このままズルズルと行くようなら、もう大阪に帰ろうかなぁと思ったりして・・。

ところが今度は同志社の反撃、④前田修吏のトライで一矢

を報いる。どうでしょうか、同志社の渡邉夏燦選手!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 彼はNZのクライスト・チャーチ・ボーイズ校で3年間みっちりとラグビーを学んできた期待の星ですね。キック・オフから状況判断の良さは流石の折り紙つきでした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧
彼を起点とした攻撃から、大胆不敵なキック・パス、これをキャッチした⑪宮島裕之選手もお見事でした。これで12-12の同点。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 勢いに乗るかなぁ、と、思いましたが、明治の良いチャージに合い同志社は痛恨の失トライ。しかしすかさず⑮に起用された京都・洛北高校卒の前田康次郎選手のトライで再び19-19の同点。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 ここまでは同志社も戦えてました。前半を同点で終れば・・、淡い期待を・・、破ったのは、明治⑨山口修平選手のトライでした。彼のラックサイドを衝く俊敏な動きとスピードはこれかも敵にとっては脅威でしょうネ。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 26-19と明治リードで迎えた後半。同志社の課題でしょうか、先日の慶應戦でもそうでしたが、後半は目に見えて運動量が落ちる。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 明治⑥前田一平選手の独走を許し被トライ。その後は明治FWに思うようにやられちゃいましたネ。①石原慎太郎選手、⑦キャプテン竹内健人選手、そして⑩染山茂範選手にトライを許し、スコアは54-19。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 こうなるともはやTKO寸前でしょうか。応援席もイキのあがる明治サイド、シュン太郎の同志社サイド。勝負の世界は厳しいものです。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 後半0点に押えられてなるものかと、祈っておりましたが、最後はまたもやロング・キック・パスが成功。キャッチした金本選手が抑えてトライ。最終的には59-26でノーサイドを迎えました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さて今日のゲーム、春のゲームは始まったばかりなので、両チームとも課題をどう修正するか、伸びる選
手をどう見極めて行くかがテーマでしょう。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧
同志社サイドから見れば、SO渡邉選手の非凡な才能は誰もが認めるとおり、宮島選手もハートが熱い選手でした。でもスクラムや後半乱れたラインアウト、後半にガク~んと落ちるフィットネス。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

来週には、京都ラグビー祭で早稲田との対戦が待っている。今の内にひとつでも課題を克服して行きましょうネ。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

最後になりましたが、静岡県ラグビー協会の皆さま、ご苦労様でした。では、また・・・。