ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 昨日、関学第2フィールドで行なわれたジュニアリーグ、同志社大学vs関西学院大学の一戦。


ジュニアリーグも大詰めを迎え、今日の結果次第で順位決定戦が翌週から行なわれる。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 関西大学ラグビー・ジュニアリーグは、ODDグループに関学、同大、立命、京産大、大産大、龍谷、EVENグループに天理、大体大、近大、摂南、関大が所属し、対抗戦が行なわれてきた。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 今日の結果次第ではODDグループの順位が決る。


関学はSHに芦田選手、SO土本選手、CTB新里主将を配する万全の態勢。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 一方同大もゲームキャプテンPR上野選手を中心に力強いメンバーが並ぶ。


さぁキックオフ!関学のバックス陣の動きが軽いですね。SH芦田選手を起点にテンポの良い攻撃が続く。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 ⑩土本選手、⑬名倉選手、⑪野崎選手と次々と同大ゴールに飛び込んでいく。なすすべはないのか同志社。唇を噛み締めて観ていました。


前半の後半も関学はFWも機能し始め、⑧芳村選手、⑦長澤選手のトライが生まれる。前半は同大⑮鳥原選手のPGが1本だけ、31-3と関学がリードして折り返しました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さて後半は少し見方を変えて同大を観てみましょう。選手達も気持ちを入れ替えて臨んで欲しい。


後半、出だしも関学バックスに1本取られる。36-3と関学が大量リード。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 でもここから同大の反撃が始まりました。


関学ゴール前でイニシアティブを取り始めた同大FW陣。後半13分、モールから⑧秋山選手が押える。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 後半25分、またまたモールから後半出場の⑰菅原選手がトライ。このあたりは一方的に攻め続けていました。


後半25分にはラックから⑨清鶴選手から④前田選手に渡りトライ。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 その3分後、中央付近から⑭藤巻選手の独走トライ。


4連続トライで気勢を上げる同志社!イケイケムードになってきました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 このあと早い時間にもう一本取りたかったですね。防戦一方の関学も、落ち着きを取り戻し肝心なところで防ぎきっていた。


ここで取りきれないのが同大の課題でしょうか。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 最後まで同大攻めるも、トライが奪えずノーサイド。


36-25のスコアで関学の勝利でした。


これでODDグループは関学が全勝で1位。1敗の立命が2位、残念ながら同大は2敗で3位となりました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

さすが関学ラグビー部、最近の積極的なリクルートもあり、Aチームだけでなくジュニア・コルツチームは層が厚いです。関学第2フィールドも閑静な住宅街の中にあり、“阪急電車”の雰囲気そのものです。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

この日は関学気分を満喫した一日でした。悔しい気持ちを押えて車で帰路につきました。