ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 昨日、同志社 田辺Gにて、ジュニア同大vs京産大戦に続き、同大vs六甲クラブの練習試合が行なわれました。


六甲クラブは関西では名門のクラブチーム。


この日も1番に島田啓文、No8とバックスに外国人を擁する強豪チームです。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 前半は六甲クラブが優位にゲームを進め、先制のトライ。なんとかすがり付く同志社が23分に⑥八木君のトライで同点。


六甲クラブのトライで突き放されるものの33分には⑭藤巻君の快走トライで再び同点。


しかし前半終了前に六甲クラブにトライを奪われ14-19六甲クラブがリードで折り返しました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 後半も六甲クラブのトライで14-24と10点差。


万事休すかと思われましたが、ここからの同志社の粘りと巻き返しはお見事でした。


SH橋野君がリードするチーム。


3番プロップ西池君(186cm、124kg)常翔学園出身の大器ですね。彼がジュニア戦の前からアップしている姿を私は見ていました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 124kgの巨体ですが、かなり絞り込んできているように思えます。


後半22分にモールから押し込んだのは③西池君でしょうか。


19-24の5点差、反撃の狼煙を上げる同志社!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さぁこの後は、⑭藤巻賢太郎君(同志社)のワンマンショーでした。


28分は独走の同点トライ!


彼の力強いランプレーは今年絶好調ではないでしょうか。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 24-24の同点、“マッキー・コール”の中湧き上がる同志社サイド!


見守るAのメンバーも興奮気味です。期待に応える藤巻選手!


35分にはまたもや独走の決勝トライ。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 ヤンヤの歓声が上がる中、29-24同志社の勝利でノーサイド!


社会人相手によく頑張りました。


藤巻君が目立っていましたが、このチームには将来楽しみな選手達がいます。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

⑥八木智彦(千種)、⑦中辻羊人(天理)、⑧土井祐紀(啓光学園)のバックローの布陣。運動量も豊富なこの選手達に期待大でした。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さてこのゲーム終了後、この同志社大学 京田辺のグラウンドで同志社香里高校の選手達が、香里出身の大学生を中心とした先輩達との合同練習が行なわれていました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 今年の同志社香里は大阪Aシード校、花園を充分狙える位置にあります。


系列校として切磋琢磨してどんどん力を付けて行って欲しいという思いです。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 あれぇ~、選手達の中にひとり女子が入っているゾ。


同志社香里ラグビー部には女子部員がいるとの新聞記事を思い出しました。なでしこジャパンラグビー。


女子ラグビーもにわかに注目されています。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

いい動き、いい表情をしています。頑張れ、なでしこ、そして同志社香里!いい光景に巡り合えました。Good Luck!いい日が来るのを夢見て。