ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 いよいよラグビーシーズンの到来ですね。ワールドカップも開幕しました。


昨日はまず、13:00キックオフの同志社大学vs朝日大学の練習試合を田辺Gで観戦いたしました。


朝日大学は岐阜の大学ですが、昨年度は中京大学を破って東海地区のチャンピオンになっている大学。


ラグビー有名高校からの進学者も多く、侮れる相手ではありません。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 今日の同志社は虎視眈々とAを狙う、紺グレ候補選手がスタメン・リザーブに名を連ねる。


春からの試合を見ていて、バックロー田淵慎理選手(天理)、フルバック鳥原将司選手(同志社香里)は1年生ながら頭角を現している選手。


将来の中核選手になることは間違いありません。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 他にも上野真儀選手(常翔啓光)、横幕哲平選手(伏見工業)、植木克敏選手(尾道)、藤本貴也選手(長崎北陽台)、廣瀬哲馬選手(日川)と、高校ラグビー界ではその名を売った選手達の成長が待たれますネ。


彼らの中からAを任される選手が出てくるでしょう。

ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 11番中村高大選手(同志社香里)は1年生からAチームに抜擢されている逸材。さらなる飛躍が期待されています。


前半は10分横幕選手のトライを皮切りに25分中村選手、32分田淵選手のトライでリード。


相手のトライを1本に抑えて19-5で前半を終わりました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 リードはしたもののやや身体が重いのが同志社の印象。


むしろ朝日大学の突進にディフェンスラインを度々破られていたのが気に掛かる。


関西リーグ、ジュニア戦線もあるので、もっともっと低いタックルでのディフェンス強化が急務でしょうか。


収穫は鳥原選手のプレースキック!むずかしい角度からのキック成功は頼もしい存在です。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

今日のToday`s heroは鳥原選手ではないでしょうか。後半は1分、8分と立て続けにトライ。178cm、76kgの恵まれた体からの、しなやかなランとトライへの嗅覚は将来の大器を予感させる存在ですネ。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 後半は負けじと中村選手、中山選手、横幕選手、藤巻選手、宮島選手のトライと勢いづいた同志社。終ってみれば60-19の勝利でした。


彼らの活躍は、ホント同志社ラグビー全体のレベルアップに繋がりますね。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 欲を言えばキリがありませんが、このジュニア層の顔ぶれも楽しみな選手が多い。後半出場の山下祥平選手(京都成章)の縦突進も非凡な所を見せていました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 スタメン出場のロック前田修吏選手、後半からのプロップ大鷲裕選手は、同志社香里出身の選手。

彼らは少しの差で花園に行けなかった年のメンバーですね。


藤巻賢太郎選手は同志社高校の出身。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 でも彼らもこの日も力強いプレーを見せていた。系列高校の強化も大学強化には必須の要件。


今年は同志社香里は花園出場のチャンス。こちらも頑張って欲しいですね。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

まだまだ課題は多いですが、これからが楽しみな同志社ラグビー部。やって楽しい、見て楽しい、そして勝つラグ

ビーを!宮本監督の手腕にも期待しています。