ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 夏の陽射しを感じさせる暑い一日、ラグビーのメッカ花園ラグビー場では、第66回大阪高校総体・順位決勝トーナメントが開催されました。


冬に行なわれる高校ラグビー全国大会には、大阪からは第1、第2、第3の代表3校が出場できる。


この3つのブロックのシード校を決めるための順位決定トーナメントが行なわれました。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 Aシードの3チームは、かなり花園行きの切符が近くなる。


予選を経て各グループの1位に輝いたのが、常翔学園、同志社香里、東海大仰星、大阪桐蔭の4チーム。


我が同志社香里は大阪朝鮮と引き分けましたが、予選を1位で通過、先日の大阪桐蔭とのカーニバル戦では勝利を収めるなど好調が伝えられています。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 と、言うことで、ベスト4の激突、同志社香里vs常翔学園、東海大仰星vs大阪桐蔭の二試合を観戦しました。


同志社香里、評判どおり出だしは絶好調。


キックオフから20分は常翔学園を自陣に釘付けにし攻め続けました。


10分過ぎには12番林君のトライ。続いてFWのラッシュから抑えてトライ。12-0とリードを広げました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧常翔学園は先の春の近畿大会では決勝にまで進出、優勝した京都成章をあと一歩まで追い詰めた昇り調子のチーム。


3日前のサニックス大会でも、全国でも優勝候補の呼び声が高い、神奈川・桐蔭学園にも僅差で敗れるなど、今年の高校ラグビー界では台風の目になるかもしれません。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 常翔学園は従来のイメージとは違い、走力があるバックス陣を揃えた機動力が今年のチームの特徴でしょうか。


しかも2年生が中心選手なので、その伸び代は大きいかもしれません。


12-0から徐々に常翔学園のペースに。前半にはもう一本香里がトライのチャンスがありましたが、残念。


「あのトライが取れていればなぁ」香里ファンからはため息が・・・。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


前半は12-14と常翔が逆転。後半も得点を重ねた常翔、攻め切れなかった香里。常翔学園28-12同志社香里、香里はまたしても常翔学園に敗れました。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 しかし春の新人大会では同じ対戦で、完敗している同志社香里。その時と比べて数段チーム力は上がってきていると思います。


No8東選手、アウトサイドセンター吉澤選手、人に強い頼もしい選手です。


チームワークも抜群、花園の切符には手の届くチームではないでしょうか。


来週の日曜日には、次の試合 東海大仰星vs大阪桐蔭戦の負けたチームと3位決定戦に臨みます。


次週は勝ってぜひ3番目のAシードを勝ち取って欲しい。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


頑張れ!同志社香里、花園への道を目指して。