ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 大阪・長居競技場、同志社大は天理大に6-59で大敗、選手団にとっても応援団にとっても辛い結果となりました。


天理は評判どおりいいチーム!関東の強豪相手でもエキサイティングなゲームが出来ると思います。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 でも今日一日観戦して印象に残っている男は、同大No8・バイスキャプテン四至本選手と天理CTBアイセア・ハベア選手。


両選手にフォーカスしていました。

ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 今日に懸ける意気込みでしょうか、同大・4回生のFWは皆んな頭を丸めて出場。その先頭に立つ四至本選手の背中に男気を感じたのは私だけでしょうか。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 キックオフ、彼はいの一番に突進していきましたね。しかし今日の同大は全てが空回り。実力に勝る天理にいいようにあしらわれ、終ってみればノートライの屈辱的な敗戦。同大はこれで2勝3敗、「どうした、同志社!」そんな声が飛び交う長居でした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 「どうした、同志社!」「こんなに弱い同志社は見たくない!」何故、同志社は勝てなくなったんでしょうか。私はこのチームを春から見てきましたが、決してこんなチームではないと思います。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 敗れた立命戦、京産戦、今日の天理戦、同志社の選手たちが前へ出れないのは、どこか違う壁を一生懸命押しているような気がします。全てが空回り。今日の四至本選手が一番そのことを感じていたのではないかと。だから歯がゆい!だから悔しい!


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 ラグビーは15人でやるゲーム、ひとりの力では壁は押せないのでしょう。天理のアイセア・ハベア選手とトニシオ・バイフ選手、力強い突進でした。関東の強豪相手でも通用するかもしれない。でも彼らは天理のラグビーに溶け込んでいた。それが今年の天理の強さかもしれない。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 同大はあと関学戦、摂南戦を残すのみ。この四至本選手の勝利の雄叫びを本当に聞いてみたいものです。15人の力がひとつになればきっといい結果が出ると思います。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


スポーツは勝ち負けのある過酷なステージ、でもだからこそ皆んな熱くなる!最後の一頁まで見届けてあげようと思った今日の四至本君の涙でした。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

頑張れ、四至本!最後まで仲間を信じて頑張って欲しい!それがラグビーだから。