12月3日コントロールが改善されるズーム講座 | 野球が加速上達する回内動作理論

野球が加速上達する回内動作理論

故障予防。コントロールが変るグラブ、守備が上手くなる・型付け回内グローブ・グラブ・国産野球グラブ・グローブ・痛くないスパイク・インソール・お手入れ用品・高校野球・甲子園・ボーイズ・シニア・中学硬式

昨日、開催した

「回内投球動作の解説無料ズーム講座」
ご感想を早速頂きました。

 

===============

 

「ズームの回内講座ありがとうございました。
静止画がによるパワーポイント解説でも
充分伝わると感じました。

 

いつも東京大井町で開催している内容が、
自宅で聴けるのはとても助かります。

 

他の講師さんはズームで
参加費も徴収されていますが
私は有料の価値が十分にある講座だと感じました。


また、参加させてください。」   神奈川川崎市 Y様

 

===================

 

ご感想有難うございます。

 

古武術の動き

回内投球動作で

  なぜコントロールが改善されるのか?

 

この内容はNHKでも民法でも放送されました。

 

しかし、

回内理論は初めての方には、

聞き慣れないので

少し理解が難しいそうです。

 

 

私が30分程度指導したら誰でも理解体得できますが

初めて聞く指先の回内、回外が身体に及ぼす動きであり

その部分の理解を独学では難しいと言われました。

 

 

これは古武術の「熊手」という回内動作で

親指の固有の働きです。

誰でもその効果、恩恵は受け取れます。

 

この動きを体得できるといまより早く走れる

遠くに飛ばせる、強い力が身体に生まれます。

 

現役のプロ選手も楽しく学ばれにきています。

今年大活躍の荻野君は

今年5回来社されました。

 

 

この古武術の動きは

小学生の高学年の方でも十分

効果が出ています。

 

 

ヤマト回内Wベルトご購入の方には

もれなくこの回内動作体得DVDも

プレゼントしています。

過去にヤマト投手用グラブ購入されて

まだこのDVDご覧でない方はお連絡下さい
すぐにお送りします!

 

 

このDVDの中身は

なぜコントロールが崩れるのか?

どうしたら効率よくコントロールを整えられるのか?

 

例えば

 

このような投手が頭と腕の距離(黄色のライン)

が遠い投手が

 

 

なぜこのように縦回転になるのか?

 

このように体が突っ込むやすい投手が

 

 

体が突っ込まない投手になる方法

 

この身体の違う動作を生み出す原因が有ります。

今回のズーム講座ではそれを解説していきます。

 

 

 

そのズーム講座の内容を少しご紹介すると

 

◆回外動作から起こる投球動作

・身体がグラブ側に倒れやすい

・頭がツッコミやすい

・軸足から体重が外れやすい

 

 

◆回内動作から起こる投球動作

・回転軸が安定する

・腕が縦回転になる

・リリースが打者の近くになる

 

この違いが生まれる原因を詳しく解説していきます。

これだけでもコントロールが大きく変わります。

また打撃も変わります。

 

 

 

この回内動作を体得された投手の結果がこちら

今まで3イニングで平均3~4ファーボールの投手が

7イニング投げてファーボール2つ

三振12個で完投勝利

 

そして連投の翌日、今までは

肘や肩が痛いので投げられない場合も多々ありましたが

 

 

今回は、7回完封でシャットアウトの勝利投手に

なりました。

 

 

その彼に何を教えたのか?

お母さんも横で真摯に受講されていました。

 

===============

 

梅原様 こんにちは!

 

いつもお世話になります。

先日は2つ目の回内Wベルトグラブの

作成ありがとうございました。

早速,使わせていただいてます。

 

監督さんからの推薦で

「正直グラブで野球が上達するの?」と思ったのは

息子が二年生の夏でした。

 

それまでの投手用グラブの購入は特にメーカーや素材、

質などにもこだわらずの購入でした。

 

もちろん当時は、

回内、回外の動作の意味さえ知りませんでしたし

息子は回外グラブを使用していました。

 

そのころ、

中学の監督さんから梅原先生のお話や実体験などを

聞かせて頂き実際に梅原先生にお会いし、

回内理論、回内、回外の違いなどをお伺いさせていただきました。

 

 

野球の事はあまり詳しくない私や

中学生の息子も徐々に納得のいくものとなってきました。

 

そして

その夏から梅原先生の回内グラブを使用させていただきました。

 

 

2か月後に新人戦をひかえ、

息子は日に日にコントロールが良くなりスピードも上がっている

自分にとても楽しんで野球をしているように感じました。

 

 

残念ながら新人戦は準優勝に終わってしまいましたが

内容は13奪三振と好調でした。

 

 

春の選抜大会では準決勝に登板し

11奪三振とあきらかに成長を感じ取れるものでした。

 

 

たった10か月程の梅原先生のご指導とヤマトグラブの

使用のおかげでここまで結果に出せたことは

本当にすごいことだと感謝しています。

 

ありがとうございます。

 

今後は高校野球の道に進みますが、

引き続き回内グラブで甲子園を目指しますので

これからもよろしくお願いいたします。

 

===================

 

このご自宅で簡単に受講できる

ズーム講座

 


次回は、

12月3日(火曜日)PM8時からです。


全国どこからでも参加可能です。

 


お申込みは

氏名、県、チーム名、携帯電話記載の上

bba@big.or.jpまでメール下さい

 


招待状URLをお送りします。
ズーム講座登録される時は必ず顔出しで

氏名を漢字でお願いします!

 

ご参加お待ちしています!