コントロールが変わる回内投球動作ズーム無料講座 | 野球が加速上達する回内動作理論

野球が加速上達する回内動作理論

故障予防。コントロールが変るグラブ、守備が上手くなる・型付け回内グローブ・グラブ・国産野球グラブ・グローブ・痛くないスパイク・インソール・お手入れ用品・高校野球・甲子園・ボーイズ・シニア・中学硬式

まずはこのスコアーブックを御覧ください。

 

グリーンの蛍光枠が三振です。

 

軟式中学の投手F君が

一人で投げきっています。

ファーボールは2つです。

 

過去にこのF君は市販の回外グラブ使用で

一試合平均3イニング
ファーボール3~4で降板でした。

 

 

ボール先行型で大切な試合で

完投したことはほぼない状態でした。

 

 

そんなときに

彼の1学年上の先輩が

ヤマト回内Wベルトグラブで

ノーヒットノーランも達成され

県選抜にも選ばれたので

F君もお母さんと一緒に相談に来られました。

 

 

そこで、私が考案した

古武術の小さな動きで大きなパワーを

得ることのできる

回内動作と野球グラブとの融合した

回内Wベルトグラブの

使い方を体得できる練習法を行いました。

 

 

回内投球動作の5つのステップドリル

ヤマト回内Wベルトグラブご購入者様に

プレゼント中

 

 

これを彼に実際に試して頂きました。

 

F君はそれを1枚のレポートにして

チームに帰って投手陣全員に

指導されたそうです。

 

人に正しく伝えて指導できると言うことは

自分は深く体得できたことになります。

 

 

その結果

先週は県内の強豪チーム相手に
三振12個、ファーボル2個で完投勝利

(スコアーブックの内容です)

 

 

そして

その翌日はなんと完封勝利になりました。

初めての7回無失点勝利でした。

 

 

低めに伸びる球が集まり

内野ゴロが多かったです。

 

 

さらに

回内縦カーブも体得されました。

(こちらは動画ドリルには入っていません

動画ドリルはあくまで回内ストレートのみです)

 

 

この回内縦カーブは左打者は打っても引っかけて

ほぼ一塁線外のボテボテファールになりますので

カウントが楽に稼げます。

 

 

なぜかといえば

 

投げる腕のフォームがストレートの

腕の動きに似ているので打者も

ヤマもハリにくです。

 

また回内投球動作は腕が体の内側を通るので

ボールの出どころが見にくいと

打者もよくから言われたそうです。

 


ストライク先行型の左投手になり捕手からも

「とてもリードしやすい

 

監督からも

「守備にいいリズムが出来て攻撃に流れができる」と
ことでした。

 

 

しかし、

「いまいちこの回内投球動がわからない」

「回内グラブとの関係性が見えにくい」

と保護者さまや他の指導者の方からよく言われます。

 

 

しかし、実際にヤマトグラブ工房に来店されて

30分ほど指導すれば

「そういうこと!やっとわかった!!」となります。

 

 

11月24日(日)PM7時から

回内投球動作のズーム講座します。

 

このズーム講座は

今実験段階ですので期間限定で無料で参加出来ます。

特許内容なので同業他社の方はご遠慮願います。

 

 

「回内投球動作でなぜ

 コントロールが改善されるのか?」

 

【内容】

古武術の回内動作

究極のコントロールの定義

なぜコントロールが乱れるのか?

回内グラブと回外グラブの違い

回内グラブの大きな恩恵  などです。

 

 

ご希望の方は今すぐ

メール bba@big.or.jp

1)お名前

2)県

3)チーム  小学、中学チーム(軟式、ボーイズ、シニア)

        高校、大学、社会人

4)携帯番号(ズームが上手く行かない時に)

 

定員になったら受付終了となります。

 

追伸================

 

12月15日 会場 愛知県 千種区 城山中

        9時から参加費 一人2000円

        事前にヤマトグラブ工房までお申し込み下さい

 

 

12月28,29,30日 

       大和郡山市九条公園グランドで直接指導します。

       参加費 無料 草野球の方もOK

       但し、ヤマト回内グラブ、Wベルトグラブご愛用の方は無料

 

 

一般の方も回内投球動作学ばれています!