灯油の高騰が北海道民の生活を直撃している。消費者は節約、販売業者は利益減、窃盗事件は多発と影響が大きい。当面は価格上昇が収まりそうになく、厳しい冬が続きそうだ。【鈴木勝一、伊藤直孝、山下智恵】

 ◇年金暮らし79歳「シャワーだけ」

 札幌市白石区で妻と二人で暮らす無職の菅田至さん(79)は、観葉植物が枯れないように一晩中灯油ストーブをつけていた。昨年12月の灯油代が2万円近くになり、1リットル100円を超してさらに代金が膨らんだ1月中旬以降は就寝時に消している。給湯器も灯油を使うので風呂はシャワーで済ます。「全国同じの年金暮らしで、北海道は暖かい地域に比べて冬のハンディがある」と嘆いた。

 燃料販売会社「エネコープ」(札幌市)の野坂卓見社長は「一般家庭では月に200~300リットル使う。年金の支給は偶数月。奇数月に十分買えない高齢者もいる」と明かす。

 ◇値上がりしても小売り利益出ず

 灯油高騰の原因は原油価格の高止まりと円安。昨年11~12月の寒波で西日本の需要が増えたのも拍車を掛けた。資源エネルギー庁の価格調査で、今月4日の灯油配達価格の道内平均は1リットル104・4円で9週連続で値上がりした。

 同市北区の燃料販売店は「値上がりしても小売業者に利益は出ない。屋外タンクの半分や1万円分とか、小刻みに購入する客が1~2割増え、売り上げ量が減った。

毎日新聞より引用、続きがあります

-----------------------------------------------

命に係わること。

そして、毎年の事。

解決策はあるとおもうのですが。