入学して間もない大学1年生を中心に数学的素養がどの程度身に付いているか

調べた結果、4人に1人が「平均」の意味を正しく理解していないことが24日、

日本数学会の「大学生数学基本調査」で分かった。


 調査対象は、学校週5日制が導入され、学習指導要領で学ぶ内容が減らされた

「ゆとり世代」の学生。同会は「科学技術立国を目指す国として由々しきことだ」

と懸念している。


 昨年4~7月、国公私立48大学の1年生を中心とした5934人を対象に、

統計や論理など5分野の基礎的数学力を調査。

偏差値ごとに国立3、私立4の計7グループに分けて正答率を比較したほか、

偏差値は関係なく学部別でも分析した。


 その結果、身長を題材に平均の定義とそこから導かれる結論を求めた設問の

全体の正答率は76.0%だった。東京大など最難関国立大グループの正答率は

94.8%と高かったが、偏差値50以下の私立大グループは51.2%。

理工系学生でも82.0%にとどまった。


 文章を読ませて確実に言えることは何か、と論理力を問う問題の全体の正答率は

64.5%。最難関国立グループは86.5%だったが、偏差値50とそれ以下の

私大2グループは50%を切った。 



(時事通信より引用)


--------------------------------


高校と大学って、(あ、専門学校はもちろん、ね)、自分のやりたいことを深く勉強する

ための場所。(高校は大学よりその毛色が薄いけど)。


数学がだめ=ゆとり教育がだめ


っていうのはどうなのかなぁ。。。


個人的にはゆとり教育はいいとはおもわないけれど、それが合ってた人も絶対いると思う。


科学技術立国と平均値。


関係ない気がします。