クリニック開催時に震災が起きた際の対応について | BAUM FOOTBALL CLUB 公式ブログ

BAUM FOOTBALL CLUB 公式ブログ

【サッカーを通じて、社会で活躍する子どもを育てる!】

テクニックだけにこだわらない個の育成スタイル!
ぜひ、下の詳細各種も見てみてください。


テーマ:

まず初めに、2011年3月11日に発生いたしました東日本大震災により、亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の状況が早期に好転することをスタッフ一同、心より願っております。
弊クリニックでも万が一のことを懸念いたしまして、選手の安全第一を考えてまいります。
万が一、震災が発生した場合の対応をご案内いたします。

1.震災発生直後速やかにトレーニングを中止し、選手を施設の安全な場所へ避難させます。

2.震災が落ち着いてからの動き
ケース1:保護者様が会場にいた場合
選手を引渡し、直ちに帰宅をしていただきます。

ケース2:保護者様が会場にいなかった場合(連絡がついた場合)

クリニックスタッフが責任をもって、選手をお預かりせていただきます。
すぐに保護者様がお迎えに来られる場合、到着次第ケース1同様の対応をさせていただきます。
また保護者様が来られない場合、スタッフが送迎するか、それでも自宅で一人となってしまう場合は、保護者様のご在宅時間までスタッフがお預かりさせていただきます。

ケース3:保護者様が会場にいなかった場合(連絡がつかない場合)
保護者様がご兄弟の対応をされていたり、連絡すらつかないケース。
様々な予想できないケースが想定されます。どのような場合におきましても選手を一人にするといったことは一切御座いません。連絡がつくようになりましたら、落ち着いて連絡を取り合い、選手の引き渡しをさせていただきます


3.選手の行き、帰宅時に発生した場合。
保護者様と一緒の場合は、問題ないと思いますが、選手が一人でいた場合。直ちに、スタッフまでご連絡下さい。選手の安否を確認しに周辺をパトロールいたします。
また、選手には困った場合の避難場所などを事前に伝えておいていただきますようお願い致します。グラウンドには必ずスタッフがいますので、グラウンドへ避難も可能とお考え下さい。

発生しないことを望みますが、万が一に備えご確認下さい。

バオムサッカークリニック

NPO法人バオムフットボールクラブさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス