天変地異(43) | シンクロニシティ
2016-04-01 01:03:10

天変地異(43)

テーマ:ブログ
 4月1日(金)

 現地訪問―4
水が引いて後、セメント工場では津波被害地の各地から運び込まれる瓦礫を処理、セメント材料としてつかった。そのためにつくった瓦礫処理施設を天皇陛下も被災地慰問の折に視察なされた。

既に役割をおえたということで稼働していなかったが、大がかりな瓦礫粉砕,除塩施設である。ベルトコンベアーで粉砕した瓦礫を中空に設置した筒に運び込み、その筒に水を注ぎこんで、自動洗濯機のように回転,攪拌、水を抜いて次のプロセスである焼成に送る。
ここでの処理の一番のポイントは海水にさらされた家屋の破片などの瓦礫を洗って塩分を除くことである。塩分を含んでいたのではセメントの材料にならないとのことであった。


batttenyuiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス