天変地異(42) | シンクロニシティ
2016-03-31 23:45:13

天変地異(42)

テーマ:ブログ
3月31日(木)

 現地訪問―3
水沢江刺には近くの金ヶ崎町に前に勤めていた会社の半導体工場があり、何回か降りたことがあった。3月24日はホームへ降り立った途端に冷え冷えとした寒気が迫った。
397号線でいくつか峠を越えてゆくと高度を増してゆく感覚がある。山あいの北側には雪が残っていた。道路は完璧で田舎に見られる補修が悪い凸凹は少なかった。
住田町から107号線をゆき、ほどなく大船渡に到着。セメント会社の赤と白のだんだらの煙突が町で目立つ構造物だ。

深く細長い入り江に拡がった地域で平地部分が少ないことから津波の高さを見ながら上へ上と逃れることが可能だっただろう。
復興に関してはさすがに瓦礫は完全に撤去されており、家屋もぼちぼち建てられているが、道路工事と整地、区画整理が主体のようだ。

セメント工場はほぼ水没して壊滅状態だったが、現在は操業が復活している。キルン(石灰石を焼いてセメントの材料をつくる細長い筒)は1400度の高温になっているので、爆発などなかったか聞いたが、それは大丈夫だったらしい。

batttenyuiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス