ラーメン二郎 vs 写ルンです! | おいらの青空

おいらの青空

ラーメンはどうしたって? 食べてないワケじゃないのです


テーマ:

 

 

 

2週間ほど前のブログに書きましたが

 

カメラ風カバーが付いた写ルンですを

衝動買いしたのです

 

衝動買いだから、何かを撮りたいと

いうのは特になかったんだけど・・

 

数日たって、ある疑問が頭に浮かんで

離れなくなりました

 

 

 

 

 

ラーメン二郎を写ルンですで撮った

ブロガーさんっているんだろうか?

 

 

 

 

 

 

僕の二郎歴は今年でちょうど10年目

 

その間数多くの二郎ブログを見てきた

 

自分の知る限り、写ルンですで撮った

写真が載ったブログはなかったと思う

 

調べたら、ブログが広く使われ始めた

のは2003年頃からだそうです

 

すでにデジカメやカメラつきの携帯は

普及していたので、写ルンです写真は

二郎ブログには使われてない?・・

 

 

 

 

 

 

 

むくむくと挑戦欲が湧いてきます

 

 

 

あー撮りたい

 

どーしても どーしても

 

 

 

写ルンですで二郎を撮りたい!

 

 

 

 

 

 

誘惑に負けて行ってきました

 

ラーメン二郎 松戸駅前店 17回目

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

決め事をふたつと注意点ひとつ

 

 

 

決め事1

 

写ルンですは、フイルムを巻くときに

ジーコジーコとかなり大きな音がして

たぶんウルサイ

 

食べ始めたら撮るのは3枚まで

 

 

 

決め事2

 

写ルンです以外では撮らない

 

写ルンですでジーコジーコでそのあと

デジカメやスマホでパシャパシャ

 

コレはイカンだろう、ねぇ

 

 

 

注意点

 

写ルンですの最短撮影距離は1m

 

店内で1mの正確な計測をするために

腕の長さを測ってみた

 

左腕の付け根から伸ばした指先までが

65cmだったので、プラス35cmで1m

 

腕の長さプラス割り箸の長さ2本分の

位置にドンブリを置けばピントが合う

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

席についてまず距離の確認

 

想定されるドンブリの位置にコップを

置き、割り箸を使って2本分の長さを

確認します

 

そこから腕を伸ばして距離をはかる

 

1mってかなり遠いです

 

背を反らすだけでは全然足りなくて

椅子をかなり後ろに引きました

 

 

液晶画面なんかないからね

 

恥ずかしいけどファインダーを覗いて

コップを狙ってシャッターを押す

 

 

パシャリ!

 

 

シャッター音もけっこうデカイ(汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?・・・・・・・

 

撮影:写ルンです

 

 

 

ジーコジーコとフイルムを巻く

 

店内で巻くと想像以上に音が大きく

響いて冷や汗が出る

 

左右の人にコイツバカじゃねぇの?

なんて思われてるんじゃないか

 

そんなコトが頭を駆け巡ったけども

気合いを入れる

 

 

 

数分後ラーメンが出されました

 

 

 

小ラーメン

麺少なめ+ニンニク少し

 

 

 

パシャリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?・・・・・・・

 

撮影:写ルンです

 

 

 

縦構図なんかも撮ってみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?・・・・・・・

 

撮影:写ルンです

 

 

 

念のためもう一枚撮っとこう

 

3枚目だからコレで最後だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?・・・・・・・

 

撮影:写ルンです

 

 

 

フイルムだからさ

 

現像するまではどんな風に撮れたか

当然わからんのですよ

 

こんな結果とはつゆ知らず・・・

 

やり切った満足感に包まれて店を出て

外観をもう1回パシャリ

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

ルンルン

 

楽しみだなぁ・・なんて能天気に

思いながら

 

パーキングの古い愛車をパシャリ

 

この車、お別れまであとどのくらいだろ

次の車を決めかねてるんだよなぁ

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

まだフイルム残ってるからね

 

第2戦いってみましょう

 

 

 

 

 

 

ホーム二郎 環七一之江店 90回目

 

 

 

 

 

 

一之江に来たらコレ撮らなきゃと

鉄塔をパシャリ

 

ジーコジーコとフイルム巻いたら

 

前に並んでた人にチラ見されて

また冷や汗が出る

 

 

ジブンはやはりアホなんだろうか

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

アホでもいい

 

今回でフイルム使い切るのだ

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

8時50分到着で開店は驚きの

9時16分でした

 

いったどこまで早くなるのか

 

スゴイぞ一之江

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

松戸と同様に1mの距離を計測後に、

コップと生タマゴをパシャリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どへぇ・・・・・・・

 

撮影:写ルンです

 

 

 

小ラーメン

+ヤサイ+ニンニク+生タマゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うううっ・・・・・・・

 

撮影:写ルンです

 

 

 

一之江には大きなガラス窓があって

外光が入って明るいからか

 

松戸よりはマシだけど・・・

 

コレでは・・・撮ったと言えんです

 

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

さぁ帰りに現像に出すぞぉ〜♪

 

なんて思いながら店を出る

 

この散々な結果が待ってるのに

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

結論

 

 

 

写ルンですでラーメン二郎は

 

写ランです!

 

 

写ルンですはフラッシュ付き

 

それを使えばおそらく多少はマトモに

撮れるんでしょうが

 

店内でそれやったらスゴイだろうなぁ

 

想像しただけで血が凍る

 

 

スペックを改めてみると

 

焦点距離32㎜レンズの明るさはF10

シャッタースピードは140分の1秒

ISOは400と高感度だけど

 

F10かぁ・・暗いよなやっぱり

 

プロならこのスペックをもとに、店の

明るさを見て、写らない環境だなって

コト判断できるんでしょうね

 

ワタクシにはそんな技術はありません

 

 

 

撮影:写ルンです

 

 

 

ワタクシのアホウなチャレンジは

何の結果も出せずに終わりました

 

でもいいんです

 

 

二郎を写ルンですで撮った漢

 

に、なれたから

 

名誉かどうかは知らないけど・・

 

外観は味のあるいい写真撮れたし

 

松戸のテントを見上げた写真なんて

かなりいい雰囲気だと思った

 

 

 

あっ、ちなみに

 

松戸も一之江も相変わらず絶品でした

 

そっちは大満足デシタ

 

ばたさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります