この投稿をInstagramで見る

先日、私の母校である「新紺屋小学校」にて演奏させていただく機会を頂きました。 18歳で東京に出から、約20年間音楽をやり続けてきましたが、母校での演奏には特別な想いがありましたので、お誘い頂いて二つ返事でお受けいたしました。 今回、「ゆめを見つめよう」をテーマに開催された親子レクレーションの中で「JAZZセッション」と題し、JAZZという音楽を児童の皆さんに触れていただく企画でした。聞き慣れない音楽に、時々あくびをする児童もチラホラでしたが、最後は、児童の皆さんの協力の元、校歌をその場でアレンジし、一緒に歌い、思い出深い一日となりました。
教壇の上や人前で立派なことなんて言える立場でも人間でも無いと思うのですが、「こんな職業がある」「こんな世界がある」「芸術の自由さ、面白さ」が児童の皆に伝わっていたら、、、、、、、。 なんでも良いから感じ取ってくれていたら嬉しいですね。 今回、一緒に演奏していただいた「古谷 淳」さん、ご協力いただいたPTA、学校関係の皆様に本当に感謝です。 また一つ夢が叶いました。ありがとうございました。 #新紺屋小学校 #古谷淳 #須藤ヒサシ #bassistoh

Hisashi Suto(@bassistoh)がシェアした投稿 -