リズムがズレるのは、人の事が好きだから | 初心者とイジメられっ子ための音楽サークル「秘密基地」ブンの、バンド論と人生論(時々サッカーとプロレス)

初心者とイジメられっ子ための音楽サークル「秘密基地」ブンの、バンド論と人生論(時々サッカーとプロレス)

岡山駅から徒歩10分。レッスン一覧・・今さら聞けない基礎中の基礎、リズム感の向上、ベースの音を2倍良くするセッティング、バーチャルバンド体験、バンドサウンド構築方法etc。1回2時間7800円。https://bunbassbase.wixsite.com/bunbassbase


テーマ:
例えばリハ中にドラムがフレーズを飛ばして演奏が止まるとか、ベースが次のコードにスムーズに入れなかったのに引きずられたとか。よくあります。

それ自体は問題だと感じません。

むしろ、他のメンバーに「これっぽっちも」引きずられない方が怖いです。

他人の演奏を全く聞いていないという事だからです。
自分の世界に引きこもってるという事だからです。

変な話、百戦錬磨のミュージシャンですら、下手な演奏になる時があります。

それは、例えばボーカルが下手な時。


とあるステージに、三人の女性シンガーが出てきた。一人は黒人、一人は白人、そしてもう一人がアジア人。

セッション形式で三人が交代で歌っていくその曲で、黒人さんと白人さんは(そりゃもう)ソウルフルにかつリズミカルに歌ってバックメンバーもノリノリだった。

でも最後に歌ったアジア人の方は、R&Bとかジャズのフィール(リズム)が身体に染み込んでなかったからか、どうも歌に歯切れが無く、バンドメンバーの演奏もそれに弾きづられて「下手くそな演奏に聞こえた」。

これは、百戦錬磨であろうが「他人の演奏を聴いているからこそ」起こる事象です。

もしここで「いやいや他人なんて関係ねぇ。俺は俺の演奏をやる」だとなおのことズレます。


百戦錬磨の世界でも、そんな事が起こるんです。

ならば僕のような自主活動ミュージシャンや初心者のあなたなら「発生して当たり前」です。

そりゃ凡ミスはできるだけ無くした方がいい。

それでも、結果としてズレが起きた時、それはあなたが他人の演奏をしっかりと聴いているからこそなんです。

何よりね、せっかく一緒にいるメンバーなんです。

相手の音も聞いてあげられるって方が一体感や「共有感」があって楽しいじゃないですか。

そう思うんです。

~~~~


バンド活動も体験できる、初心者のための音楽レッスン「秘密基地」ホームページ

http://bunbassbase.wix.com/bunbassbase


Bun(ブン)プロフィール

http://bunbassbase.wix.com/bunbassbase#!blank-4/c1lce


Facebook

http://www.facebook.com/bun.bassist 


 

秘密基地内部動画





ツイッター





Bunさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス