2部目です

前回のブログで上げた釣りをふまえアンダースピンキャスト、トライアングルTU01の僕の感じる有効性と良く聞かれる事を上げてみます

今回も長いですm(__)m


まずは、やっぱり
キャスト時にベールを返すモーションが必要ないことによる手返しの良さ!


TU01はレバータイプになっており、レバーを引くことによりベイトリールと同じようにクラッチが切れ、レバーをはなすとラインが出るようになっています
クラッチを入れるには、これもベイトと同じようにハンドルを廻すとクラッチが入ります
ライン放出時にレバーを引くとロック(ブレーキ)が掛けられるためミスキャストによる無駄な着水なども減らせます

パワーフィネスでレンジを刻んで誘うときにベールを返すこと無くラインを送れる

メタルなどでボトムの変化に対して余計なテンションをかけず即座にラインを送り出せる

岩盤をネコリグやヘビダンで段々と落としていくときにも同様のことが言えます



巻き取り量
今までのスピンキャストリールの多くはギヤ比が低くハンドル1回転の巻き取り量が少なかったんですが、TU01はハンドル1回転で80㎝以上巻けます
僕の釣りにはこれはとっても大切‼
ルアーを回収してるときは基本は無駄な時間ですからね

あと、ギヤ比が高い分なのか巻き取りはハンドルが重く感じます

小型プラグ系などの巻物にはキツイかなと思ったりしますが

TU01、渓流のルアーフィッシングでメインに使われているリールなだけに、やってみたらたぶん何かしらのメリットが有るかと思いますので、それは今度試してみます!


ライントラブルについて
ライントラブルが起こりにくいのがスピンキャストリールの売りでもあります
スピニングリールのバックラッシュ的なトラブルは僕が使ってる間では1度も有りません
と言うか、まだなんのライントラブルも有りませんが
ちなみに僕はまだパワーフィネスとメタルの釣りでしか使用したことしかないので

他の釣りにも使用している小林さんに聞いてみたところ無いそうですよ

ただ、ラインの巻きすぎると巻きが重くなったりトラブルの原因になるので注意した方が良いとの事です!

PEを使ったノーシンカーワームをカバーへ送り込む釣りなんかでもバックラッシュなどのライントラブルを気にしなくて良い分、ストレスを感じずに使えますよって言っていました


キャスト飛距離について
スピンキャストリールの構造上、ライン放出時の摩擦がスピニングより多い為、飛距離が出ないと言われていますが
TU01はライン放出部が、従来のスピンキャストリールとは違い、大口設計なので摩擦を減らす設計でハイクオリティーになっています


ただ、スピニングと競べたら飛距離は落ちると思います



ドラグに関して
ドラグ性能に不安要素は有りましたが、問題有りませんでした!
むしろ思っていたたよりスムーズ!

僕はパワーフィネスの釣りでもカバーからバスを引きずり出した後は、フックの伸びや、身切れを考えてドラグを使ってファイトすることが有ります

そんなときも全く問題有りませんでした

ドラグはしっかり強く絞めればフルロックするし
ドラグ操作もとてもしやすい位置に有るので良い感じです

(指でさしているのがドラグ操作リングです)

僕の中ではTU01をスピニングのフィネスのようなライトラインで使う想定はしていないので、PE0.8で虫をやったりライトパワーフィネスの釣りなんかには、今のドラグ性能でも十分だと思います


ハンドルノブ
純正のハンドルノブが着いていますがこれは交換した方がいいですね
バス釣りでは力が入りにくいので使いづらいです
アブのノブが使えると聞いたので、僕も交換しています!





サミングは
アンダースピンキャストリールはスピニングリールと比べるとスプールに巻かれるラインの回転方向が逆になります
なので当然ラインの放出も逆です
スピニングで良くやる人差し指でのサミングはやりずらいかと思います

そこで僕は左手でリールから出たラインを掴んでサミングを行っています、これは小林さんから学ばせて頂きました



リールの重さは280g
確かに最近のスピニングリールと比べれば重いですね、でもTU01はリールの下側に重い部分がきているためなのかロッドに着けてしまえば案外しっくりきます、そして安定感がでますね!

僕が使ってるジャングルスピン700JHSに着けると抜群のバランス感だと思っています‼



人により感覚が有りますので、フィールドで僕に声をかけて頂ければ、今お使いのタックルに着けてみることもできますので、ぜひ声をかけて下さい爆笑



ちなみにこちらがスペック




今のところはこんな感じです!

また使っていて気づいたメリット、デメリットなんかが有ったら載せますね‼‼

日曜は僕も会場ノリーズブースにいますので使用感などお話しできたらうれしいです爆笑

手にとって見たい方は明日、明後日と
パシフィコ横浜で開かれているフィッシングショーのTry-Angleブースへ足を運んでみてくださいウインク