フィッシングショーOSAKA2019 アングラーズ販売ブースの隠し玉 その3 | 石井館長のバス魂
2019-01-18 19:02:38

フィッシングショーOSAKA2019 アングラーズ販売ブースの隠し玉 その3

テーマ:新製品情報

 

以前チラ見せした

この2色

 

昨日検品を終えて本社に送ったと連絡がありました

 

 

思えば去年の8月8日にDRTさんに伺い

総帥の白川氏に館長のカラーに対する想いを全てぶつけて

出来上がってきた

石井館長考案

DRT×アングラーズ

TiNY KLASHアングラーズオリジナルカラー

 

究極ベイトフィッシュ

館長が提案する全水域対応カラー

バスが口にするベイトフィッシュのカラーを忠実に再現。

フナや鯉、オイカワやハス、モロコなど魚は

常に上からは鳥に狙われ、下からはバスなどフィッシュイーターに狙われ続けています。

そこで魚は少しでも目立たないように背中は黒っぽく、お腹は見上げた時に見えにくい白っぽい配色になってます。

淡水だけでなくアジやイワシなど海の魚もベイトフィッシュはこの配色になってでしょ。そういう理由からなんです。

で側面ののウロコはというと、これは鏡の役割をしているんです。

水中でウィードならウィードを岩場なら岩場を写し出して自然と同化する為ですね。

では、何故全水域対応なのか?

そもそもベイトフィッシュがクリアに居ても、マッディーウォーターに居ても色変わりませんよね?

それが答えです。一本持つなら間違いなく究極ベイトフィッシュです。

 

レジェンドチャート

究極ベイトフィッシュと対極にある膨張色

徹底的にベイトに合わせたのが究極ベイトフィッシュなのに対し、膨張色のチャートも必ず必要になるカラーです。

このチャートの配色を見て「おぉぉぉぉ!!」と唸ってくれた方は超ベテランかチャートの本質を分かってる方です。

(オレンジベリーにしてないところが最大の拘り。バックにかけてもブルーを入れずに少し強調するくらいにわざと仕上げています)

このカラーの使いどころも実は全水域OK。

えっ!?クリアウォーターでこんなカラー使えないでしょ!!

使えるんです。それも考えてこの配色にしています。

究極ベイトフィッシュに反応が無い時がこのカラーの出番。

もちろんマッディーウォーターではこのカラーから入ってもらいたいし、ナイトフィッシングでも抜群の反応を見せます。

バスがルアーを全てエサ思って喰ってきてくれるのなら、全カラーナチュラルで良いんですがそうではないですよね?

そういう事です。

 
 
館長の絶対的な自身作
フィッシングショーOSAKA2019
アングラーズ販売ブースで限定先行販売します
楽しみにお待ちください
 

 

 

 

 

 

お得な前売券をアングラーズグループ各店で販売中

(前売券1,200円・当日券1,400円)

前売券を持っていると、当日入場券を買うのに並ぶ必要がないので入場もスムーズ

無くなり次第終了となりますので行かれる方はお早めにGETして下さい

 

石井館長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス