荷造り中

テーマ:

今日は夏至なんですね。晴れ

 

これからいよいよ夏ですか~。。。なんて悠長なことを言ってる場合ではなく、いま引越し準備をしています。

 

ようやく段ボールに詰め始めたのですが、既に挫折中。おーっ!

で、この記事書いてます。

 

荷物は明日発送。私も明日、富山を出ます。

 

ってことは、今日1日で荷造り完了しなくちゃいけないんですよ。

 

 

 

 

家電とベッドは店から配達してもらえるし、足りないものは近くの店で買えばよいので、あとは楽器と譜面とパソコンを持っていけば生活はできるのですが・・・。

 

いや、待てよ。

 

荷作りより、家族に見られちゃ困るような物は今のうちに処分しとかなくちゃ・・・

 

 

休んでいる場合ではない。

 

 

 

 

ジャズ漫画「ブルージャイアント」からの名言。

 

 

違えんだよ...

やらされてんじゃねえよ...

オレがやんだよ。

 

 

初心者ドラマーの玉田くんのセリフです。

 

初ライブのあと、自分だけレベルの低いプレーをしてしまったと思い、怖くてドラムが叩けなくなってしまいました。

 

自分だけクソだった...

 

...と落ち込んでしまう気持ち、すっごいよくわかります。笑い泣き

 

私だったらやけ酒しますが、玉田くんは未成年なのでやけ食いします。

 

落ち込んだ時の対処方法は人それぞれだと思いますが、とにかく玉田くんはその後、なんのためにドラムをやっているのか自問自答し、出した答えが


 

やらされてんじゃねえ、自分がやるんだ

 


でした。

 

 

仕事でも、語学学習でも、スポーツでも、音楽でも、なんでもいいのですが、何かを続ける上で「モチベーションをどう維持するか」ということは、ちょくちょく話題になるテーマだと思います。

 

 

人から言われてやること、やらされ感満載でやることに比べたら、自分で思いついたこと、自分で決めたことの方がモチベーションが上がり、長続きする傾向にあると言われています。

 

 

私もジャズをやり始めていろいろ落ち込んだ時もありましたし、きっとこれからも沢山落ち込んで逃げたくなる時もあるでしょうが、誰かに無理やりやらされてウッドベースを弾いてるわけじゃないので、どこにも文句つけられないです。(^^;



でもまだ血反吐を吐くとか、地獄を見るような辛い思いはしたことがなく、立ち直れないほど深刻な状態になったことがないからそんなこと言えるのかもしれません。

 

 

仮に私がウッドベースをやめたとしても、誰も文句言わないでしょう。

 

 

そもそも、私がウッドベースをやる/やらないは、地球の存続に1ミリも影響ないです。

 

 

それでもやりたいんですよね~。

 



そんなことやって、なんの意味があるの?

 


と面と向かって聞かれたことはないですが、もしそう聞かれても、

 

 

意味はないけど、やりたいんです。

 

 

と答えます。

 

 

子供が公園についた途端に、空いてるブランコめがけて走っていくのと似ています。走る人

 

そこに山があるから登ると言ってしまう登山家ともちょっと似ています。富士山

 


意味づけしなくても、好きなものは続きます。


意味がないと続かない場合は、「意味を見つけて続ける」 or「やめる」を選択すればよいだけです。

 

 

玉田くんのセリフを読みながらそんなことを考えてました。

 

 

あの方が夢に

テーマ:

昨日、一人で道を歩いてたんですよ。

 

 

人っけのない道なんですが、歩いて行くと、大きなテーブルと椅子が並んでるお店が目に入りました。

 

 

そのテーブルで、なんと北川潔さんが、お一人でビール生ビールを飲んでおられるじゃないですか!

 

 

私は思わず駆け寄って、握手をしてもらったんですね。爆  笑

 

 

 

 

そしたら北川さんが

 

 

 

どうして私を目指そうと思ったんですか?

 

 

 

と仰いまして、

 

「とても興味あるんだけど!」 というような目で私をジッ目と見られるんですよ。

 

 

 

そこから私はウッドベースを始めたきっかけから順番に長々とお話しする・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という夢を見ました。てへぺろ

 

 

 

 

 

今日の富山はいいお天気です!晴れ

 

 

皆様よい週末をお過ごし下さい。