宙組新トップコンビ 真風涼帆さん、星風まどかさん就任おめでとうございます。

不朽の名作、の名にふさわしいウエストサイドストーリー

観てきました。

 

劇団四季で何度も見ているし、宝塚でも真琴つばさトニーを見ています。

なので、もうほぼ全体的なものは頭に入っています。

本当に作品として楽しい(結末は悲劇ですけど)もので、

ダンスパーティのシーン、アニタ中心の「アメリカ」のシーン、

クラプキ巡査のシーンは観ている自分も自然に体が動きそうになってしまうんですよね。

ダンスシーンは本当に大きな見どころです。

また有名なTonight、Somewhereなどセットが取り払われ、

二人だけがシンプルにいるという舞台は何度みてもウットリとします。

歌声と一緒に自分も「永遠」の空間にいるような気分になるんです。

そして今回の宙組版。

JET団もシャーク団も男の子達感がちゃんと出ていました。

感情に流され、周りに流され戦ってしまい、うっかりと人を傷つけてしまう

そんな若さゆえの浅はかなところが感じられました。

このミュージカルを見るときにいつも注目してるのが

決闘場のハイウエイの下に行くときのフェンスの乗り越え方。

網を手でつかんでほぼ倒立のように乗り越える、

劇団四季の男性たちは本当に身軽にやっていましたが

宝塚の子たちにもそれができてしまうなんて、、、本当にすごい!

どうぞ最後まで怪我の無いように祈ってしまいます。

そしてトニー@真風くんはカッコよかったです。語彙力ないけど、カッコよかった。

初めて恋を知る喜びを隠しきれない真風トニーが可愛かった。

マリア@まどかちゃんは、可愛らしかった。可愛らしすぎるほど。

ちょっと子供っぽいかなとも思います。だから真風くんがすごく大人(おじさん?)に

見えた・・・ごめん・・・でも見ているうちに「これは新たな萌え」になる可能性を

感じましたww

二人の歌は上手かったんだけど、やっぱり音域がきつそう・・・

出ていたんだけど、マリアなんて遥かに高いキーだし、トニーもとても低いキーだしね。

難しい・・でも頑張って歌ってたと思います。下手ではなかったです。

 

ベルナルド@芹香斗亜(キキちゃん)

この人は最近、とても男っぽさが増してきて、ちょっと丸顔の甘いマスクなのが

キリリとしてきたと思います。

ベルナルドにも1曲あったらいいのにな~。

そしてアニータ@和希そらちゃん、一番の注目キャストと言ってもいい。

アニータの一番の見せ場ってまあ「アメリカ」なんですけど

それ以外にマリアの気持ちを知って最初は反対しているんだけど

同じ愛する人を持つ女同士となって、マリアの頼みを聞く、その気持ちの動きを

表すところだと思うんです。

アニータ、良かったです。

大人たちのクラプキ巡査もドクも良かったけど、シュランク@寿つかささんが

立ち姿相変わらずステキでした。

 

最後、マリアの衣装が真っ赤なドレスになるのが

マリアが女の子から女になった象徴という風に解釈していたのですが

今回はピンクの衣装でしたね・・・演出によって変わるのかな。