〝脳心育〟スキンケア・アカデミー
  • 17Aug
    • 赤ちゃんの乾燥、クリームを塗っているのにどうしておさまらないの?

      こんにちは!子どもの「安全基地」を3歳までに創る!“脳心育スキンケア”アカデミー主宰長田 和歌子です赤ちゃんや子どもにスキンケアをしているのに、カサカサしている、乾燥している、、、と訴えるお母さん、、、じつはとても多いのですスキンケアをしていて、乾燥のサインがおさまらないということは、スキンケアの方法が間違っているか、使っているアイテムでは効果が足りない、、、という2つの可能性が考えられます。ケアしていても、症状が改善しないということは、何かが間違っている可能性が高いのですせっかくスキンケアをしていても、間違った方法で行ってしまうと、効果が出づらいことがあります。なので、やり方はと〜っても大事一度、ちゃんと学んでおくと一生モノになりますよまた、かゆみや痛みが伴う場合は、特にお母さんのココロが引き金になっている場合もそんな一生モノの知識と、お母さんのココロと子どもの関係を紐解くワザをアカデミーではお教えしています“脳心育スキンケア”トレーナー長田 和歌子

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 15Aug
    • 大阪市長の発言が問題に!?

      こんにちは!子どもの「安全基地」を3歳までに創る!“脳心育”スキンケア・アカデミー主宰長田 和歌子です今朝、いつも購読している教育家の方のメルマガで知った、大阪市長の発言。⬇️詳細はコチラからどうぞ!https://toyokeizai.net/articles/-/233427教育職のある方々を、子どもの成績如何によって、評価やボーナスを変えるというのは、なんとも間違った発想だなぁと思います。本当に、、、それによって、何が起こるかは、目に見えますよね良い成績を取らせるために、大人が過去にしたことといえば、、、宿題を増やす、他の教科(図工や音楽など)の時間を減らして勉強時間に当てる、など。果ては、、、成績の悪い子は試験を休ませる、なんてことも過去にはあったようです。どうして、子どもに勉強が必要なのか?その本質を見ずして、市全体の学力を上げるためだけに、教員の評価やボーナスに影響を示すなどというのは、本当にお粗末な話です。大阪市にお住いの皆さん、これは怒ってよいことです。何が子どもにとって大切で、必要なことなのか。大人の目線ではなく、ぜひ子ども目線であって欲しい、と切に願って止みません。“脳心育”スキンケア・トレーナー長田 和歌子

      8
      テーマ:
  • 14Aug
    • 子どもがずっと鼻水を出している。それって当たり前よね?

      こんにちは!子どもの「安全基地」を3歳までに創る!“脳心育”スキンケア・アカデミー主宰長田 和歌子です乳幼児のお子さんをお持ちの場合、冬だけでなく、、、春でも夏でも、秋でも、、、鼻水を垂らしている、なんてことはありませんか?これ、当たり前って思っているお母さんがと〜っても多いのですじつは、、、通年、鼻水を垂らしている、もしくは毎月風邪をひいている、というのは、当たり前ではありません腸内環境が整っていない、肌が整っていない、、、双方の理由がじつは考えられるのですなので、脳心育スキンケア・アカデミーでは、肌から免疫力を上げる方法はもちろん、腸内環境もしっかり学んでいただいていますちゃんとカラダが整うと、子どもの免疫力は上がっていきますよ脳心育スキンケア・トレーナー長田 和歌子

      4
      テーマ:
  • 13Aug
    • 赤ちゃんの乾燥、いつおさまるもの?

      こんにちは!子どもの「安全基地」を3歳までに創る!“脳心育”スキンケア・アカデミー主宰長田 和歌子です赤ちゃんの肌って、最初から、「うるうる・プルプル」だと思っていましたよね?そんなふうに思っていたのは、私だけでしょうか?でも、実際に初めて抱いた我が子は、、、、、と〜ってもカサカサしていましたそして、何も塗らなければ、カサカサ、、、は治らないそれもそのはず、大人の肌と違う赤ちゃんの肌、、、それを学んでいたからこそ、今の我が子のスベスベ肌がありますさて、子どもの肌の乾燥って、自然と収まってくるものなのでしょうか?実は、、、大人と同じ肌になるまで、相当な時間がかかるのですだから、いかに保湿の習慣をつけておくかが、と〜っても大事男の子は特にいつまでも塗ってあげるわけにはいかなくなるので、、、そして、心と脳を育むという意味でも、思う存分、スキンシップが取れるのは、やはり子どもの頃だけ早く始めたもの勝ちですよ、お母さん脳心育スキンケア・トレーナー長田 和歌子

      5
      テーマ:
  • 12Aug
    • 生まれたときからある「アザ」は消えない?

      おはようございます!子どもの「安全基地」を3歳までに創る!“脳心育”スキンケア・アカデミー主宰長田 和歌子です生まれてきた我が子に「アザ」があると、気になるものですよねアザというのは、皮膚内の何らかのエラーで色ムラができているものです。そのため、自然と消えることは、残念ながら、ほぼありません子どもの頃にできることは保湿以外にありませんが、大人になると、レーザー治療などでケアすることが可能なアザもあるかと思います気にしすぎず、アザも個性と思って、お子さんと「○○ちゃんのアザ、とても愛おしいね」とぜひ、話してあげてくださいね脳心育スキンケア・マイスター長田 和歌子

      4
      テーマ:
  • 11Aug
    • 生後6ヶ月、どのくらい湯船に浸かっていいの?

      こんにちは!子どもの「安全基地」を3歳までに創る!“脳心育スキンケア”・アカデミー主宰長田 和歌子です子どもとのお風呂は、いろいろな話題がありますね入浴剤の問題だったり、ずっと遊んでいてでたがらないだったり、湯船に浸かってくれないだったり、、、その中で、今日は湯船に浸かってくれないにお応えしようと思います湯船に浸かってくれない、というお母さんのお悩み。けれど、考え方としては、どうして湯船に浸かって欲しいと思っているのかをまず考えていきます。お母さんとしては、カラダが冷えるから、湯船に浸かって欲しい、、、そうお考えでしたでは、本当に湯船に浸からないと、カラダは冷えたままなのでしょうか?子どもの体温は大人よりも高めです。カラダが冷えたからといって、風邪を引くということはありませんなので、必ずしも湯船に浸からないと、、、ということはないですよね湯船に浸かったとしても、あまり長い時間は必要ありません。なぜなら、カラダの小さい子どもはすぐに茹ってしまいます、、、適度な温度(ぬるめがベスト)で、さっと浸かるだけで十分何が何でも湯船につけなくては、、、と思わなくっても大丈夫です“脳心育”スキンケア・マイスター長田 和歌子

      6
      テーマ:
  • 09Aug
    • 和食の味付け順は、本当に「さしすせそ」でいいの?

      こんにちは!脳心育スキンケア・アカデミー主宰長田 和歌子です今日は、ちょっと考え方についてです和食の基本の調味料といえば、、、砂糖・醤油・塩・味噌・酢ですね。家庭科の時間に教わった人も多いであろう、味付けの順番というのがありますよねさ…砂糖し…塩す…酢せ…醤油そ…味噌と言われてきましたこの順番に味付けをすると、より美味しく仕上がるといわれていますね。でも、これってなぜ? この順番?そんなふうに思うわけです一般的には、さ…砂糖は分子が大きく、浸透するのに時間がかかるから先に。し…塩は水分を外に出し、素材を引き締める役割があるため、砂糖で柔らかくなってから入れるのが効果的。す・せ・そ…風味や香りを生かしたい味噌や醤油、酢は最後に。だけれども、、、脳育スキンケア・アカデミーの食では、砂糖を推奨していません和食はお節料理をつくると、特によくわかりますが、、、と〜ってもお砂糖を使います。確かに素材が柔らかくなるという特性はありますが、そんなに味付けをしなくても、素材の味を楽しめることが、子どもの味覚を育てることにも繋がりますだから、私は、どうしても甘みが少し欲しいなと感じたきのみ、最後につけるようにしています。何事も、なんでこの順番? とか、どんな意味があって、これをするのか? という、「考えるクセ」をぜひつけていってくださいね!習慣にできると、子どもの思考も変わってきますよ脳心育スキンケア・マイスター長田 和歌子

      7
      テーマ:
  • 08Aug
    • 子どもの乾燥は生まれつき?

      こんにちは!脳心育スキンケア・アカデミー主宰長田 和歌子です「私の娘は乾燥肌なんです、、、」というお母さんがよくいらっしゃいますだから、カサカサするのは仕方がないと、、、いえいえ、子どもはみんな乾燥肌です潤いを保つ力は育ちきれていませんし、潤いを蒸発させずに保つ力も不十分ですだから、肌の外側からケアをし、守る必要があるのですそして、忘れてはならないのが、カラダの内側からも潤いを作る食材をしっかり取り入れることどちらか一方でも、改善することはあると思いますが、両方からアプローチすると、より強固なものになりますよそして、何より、健康で落ち着き、意欲的な子どもに育っていきます脳育スキンケアが目指すのは、そんな土台づくり。子どもが能力を発揮できる未来を脳心育スキンケア・マイスター長田 和歌子

      6
      テーマ:
  • 07Aug
    • 「しつけ」ってどこまですべき?

      おはようございます!赤ちゃんからの脳心育スキンケア・アカデミー主宰長田 和歌子です子どもに「しつけ」って、どこまですべきなのか、、、そんなお悩みをよく聞きますそもそも「しつけ」ってなんでしょうか?辞書によれば、「礼儀・作法を教え込むこと」とあります礼儀といえば、真っ先に思い浮かぶのは、「挨拶」でしょうか、、、挨拶はできた方がいいとは思うけれど、どんな挨拶がいいのか、(例えば、声が大きい方がいいとか?)どんなタイミングでできたらいいのか、いつもでできた方がいいのか、、、色々ありますねこれって、どうやって教えます???親がやって見せたらいいんですよね、いちばん(というか、自然とできているのが当然ですよね)そうしたら、子どもも自然と真似し始めます親の背中を見せるって、よく言いますね。それって、言葉で伝えるよりも100倍のパワーがあります挨拶だけでなく、片付けも同じこと。親が片付けられていたら、子どもも片付けられるようになります。ただ、子どものお片づけは、ちょっとした工夫が必要ですがゲーム感覚でできたら、子どももお片づけが楽しくなるはず。何事も、楽しめる感覚が身につくと、最強ですね脳心育スキンケア・マイスター長田 和歌子

      4
      テーマ:
  • 06Aug
    • 子どもの成長痛っていつから?

      こんにちは!子どもの「安全基地」を3歳までに創る!「脳心育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子です3歳までの身長って、、、毎年、ものすごい勢いで伸びますよね我が子も1年で10㎝以上のペースで身長が伸びていましたすると、、、足が痛いと泣く日々が、、、成長痛って、中学生などの育ち盛りがなるものだと思っていたのですが、それは大きな勘違いってあることに気づかされました通常、成長痛は、1年で10㎝以上伸びるときに出るのだそうですあれだけダイナミックな成長を遂げている幼児期。そりゃあ、成長痛も出るかと納得した覚えがありますそして、その成長痛を少しでも和らげるためには、栄養をしっかり摂る必要も。とはいえ、子どもが一度に食べられる量は決まっていますし、消化吸収も大人のようにスムーズではありませんオヤツを甘いものと捉えず、「捕食」として、しっかり栄養のあるものを摂っていきたいものですね次回は、骨を成長させる食材についてまとめようと思います脳心育スキンケア・マイスター長田 和歌子

      2
      テーマ:
  • 03Aug
    • かゆみ止めクリームにご注意を!!

      こんにちは!脳心育スキンケア・アカデミー主宰の長田 和歌子です猛暑すぎて、、、あまり虫が元気ではないようなそんなことはないですかね我が子は蚊に刺されると、真っ赤に腫れ上がるタイプの子でしたなので、蚊よけ対策は人一倍苦労しましたですが、ひとつ、これは気をつけないと!と思ったことがあります。それは、、、かゆみ止めの中には、「ステロイド」が配合されているものがあるということ子どもムヒなど、子ども用のアイテムではお目にかかったことがありませんが、特に大人向けは、、、ねぜひ商品の裏や横にある成分表を見るようにしてくださいね脳心育スキンケア・マイスター長田 和歌子

      6
      テーマ:
  • 31Jul
    • 離乳食を始めたら、口の周りが荒れて真っ赤!!!

      こんにちは。子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子です昨日のエントリー「メッシュの下着を着せていませんか?」がとても多くの方に読まれていて、驚いておりますみなさん、もしかして、着せていましたさて、今日は離乳食と肌荒れの関係についてです。離乳食を始めると、最初は上手に食べられませんから、、、当然、、、手も口の周りもベタベタ床には口に入ったのと同じくらいの量の食べ物が散乱、、、なんてことが、日常茶飯事となるわけですこうなると、口の周りが赤くなって、痒そう、、、なんて事態にもなりますなんでかというと、食べ物が肌にとって刺激物質となっているからなのですこの刺激物質となっている食べ物をずっと放置してしまうと、赤みになったり、かゆみになったり、、、なので、すぐに拭き取ることが大切なのですが、一生懸命食べているのを遮るのも、、、なかなか難しいですよねそこで、オススメなのが、口の周りにあらかじめ「膜」を貼っておくということワセリンやプロペトなど、皮膜感のあるものを「食べ始める前」に口の周りに塗っておくのですそうすると、その膜がブロックとなって、肌に直接、食べ物がつかないことになります食べ終わった後は、必ず濡れたタオルなどでやさし〜く拭き取ってあげてくださいね脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      12
      テーマ:
  • 30Jul
    • メッシュの下着、着せてませんか?

      おはようございます!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子ですみなさんは、お子さんの下着ってどうされていますか?もう今は酷暑なので、下着を着せることはないかもしれません。ですが、初夏までや初秋などには必要になりますよね。そもそも下着の役割とは、●体温調節が苦手な子どもの体温を守ること、●汗を吸ってあげること、などが大きなところですが、大手メーカーさんがメッシュタイプの下着を販売してから、追随するメーカーさんも増えましたさて、メッシュであることの利点ってなんでしょうか?●涼しい●早く乾くあたりでしょうか?下着の役割を考えると、、、メッシュであることの利点って、どうですじつはあまりないと、私は考えています実際に、メッシュは汗を吸わないので、メッシュ状にあせもができているお子さんの写真を見たことがありますなんのために着せるのか?をお母さん、一度、立ち止まって考えてみてくださいね脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      14
      テーマ:
  • 29Jul
    • 肌トラブルを治すには、スキンケアだけではない!

      こんにちは!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子です私は、子どもの頃からアトピーがあり、ずっと肌トラブルで苦労してきましたそして、ずっとずっとスキンケアで治すものだと思っていましただから、この商品がいいんじゃないか?この商品だったら効くんじゃないか?そうやって、コスメジプシーになっていきましたでもね、いろんな取材をさせていただいて、それって「木を見て森を見ず」なんだなぁと気づけたんですよね肌をつくっているのは、毎日食べているものです。肌をダメージから守っているのは、角層のバリア機能です。これは、スキンケアで補える部分。肌を修復しているのは、大きな意味では睡眠です。いろんなことが絡み合って、肌は成り立っている。もちろん、肌だけではありません!!!肌というカラダの一部を外側からケアしても、ちゃんと内側からも、そして全身的にケアしないと、根本から回復することはないのですよねだから、脳育スキンケア・アカデミーでは、食からお伝えしていますちゃんと元気になる!だからこそ、自分のやりたいことにチャレンジできる!そんなお子さんを育むメソッドをご紹介したいと思っています脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      7
      テーマ:
  • 27Jul
    • あせもができていても、ボディミルクを塗ってもいいの?

      おはようございます!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子ですここ2日ほどは、少し暑さが落ち着いていますねとはいえ、、、30度は超えているのですけれどね、、、なんだか涼しく感じてしまうのが不思議です。こうも暑いと、あせもができているお子さんも多いのではないでしょうか?あせもができていると、少なからず炎症が起こっているので、、、ボディミルクなどのスキンケアをしていいものかと悩まれ、、、そして、、、何も塗らないというお母さんが多いのが実情ですですが、肌をしっかり保湿して、肌を柔らかく保っておくことが大切ですあせもは毛穴の詰まりが要因なので、肌が柔らかいと、あせもはできにくいのですぜひ、あせもができているときも、しっかり保湿してあげてくださいね脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      10
      テーマ:
  • 26Jul
    • 子どもに糖質制限って効果的?

      こんにちは!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子ですここのところ、ずっと話題になっている「糖質制限」。糖尿病の患者さんだったり、ダイエットだったり、はたまた子どもの集中力を高めるためだったり、様々なシチュエーションで活用されてきていますね糖質制限に対しては、賛否両論、どちらもあります糖質制限をヨシとする論文もありますし、またその逆もあります一般人としては、迷いますよね、、、正直なところそこで、私の見解です大人はやってみたらいいと思うんです自分のカラダですから、少しの変化も感じられるはずですから!体調が良くなる人もいるだろうし、その逆もあるだろうと思いますでは、子どもは、、、主食(米やパンなどの炭水化物)を大量に摂れば、血糖値が急上昇しやすくなります。そうすると、急な眠気が襲ってくるわけです給食後の5時間目(?)に眠気が襲ってくるのは、このためです。この血糖値ですが、上がりやすい体質の人もいれば、そうでない人もいます。。。要は、一概には言えないということなんですそう考えると、、、全部の糖質を断つ必要は、子ども(乳児、幼児、小学生くらい)はないんじゃないかと思っています。我が子も、糖質を摂らない、少し摂る、普通に摂る、と実験してきましたが、全く摂らないときは便秘がちになります。ただ、おかずから食べるようにし、最後にご飯を食べるという順番にはしています。もともとあまり糖質をたくさん摂るタイプではないので、血糖値も急上昇はなさそうに見えます。(実際の数値は測っていないので正確ではありませんが)でも、じゃあ、糖質を思いっきり摂っていいかというと、それも「ちょっと待って!」と思います現代の食生活では、、、本当に糖質過多になりがちです。子どもは、そこにオヤツが入ってくる、、、オヤツは炭水化物であることが多いうえ、砂糖などの甘味料も強いものが多いのです。すると、お菓子をよく食べる&ご飯やパンが大好き、、、となると、どうしても糖質過多に、、、主食を食べないという選択肢はないにせよ、食べる順番やお菓子を減らすということはしたほうが良いと思います詳しくは、脳育スキンケア・アカデミーの「食」編でお教えしています脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      8
      テーマ:
  • 25Jul
    • 便秘解消にはサツマイモ!?

      こんにちは!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子です今日は、1日お籠りDAYなので、朝からチャチャッと家の片付けをしていたら、、、朝イチで興味深いテーマがそれは、、、食物繊維レボリューション最近では、便秘になる子どもも多く、食生活でできることを普段からお伝えしていますが、食物繊維に関しては、お母さんたちの誤解も多い部分便秘=食物繊維→サツマイモ?という方程式ができているお母さんも食物繊維には、2種類あって、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」とがあります便秘予防には、どちらの食物繊維も必須ですですが、すでに便秘になっている場合は、不溶性の食物繊維を摂ってしまうと、、、余計に詰まってしまうので、実はNGなのですサツマイモは不溶性の食物繊維なので、便秘解消には不向きなのです知っていると、防げることって、本当にたくさんありますちょっとアンテナを張って、ぜひ子ども(だけじゃないけれど)の健やかなカラダづくりにお役立てくださいね脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      15
      テーマ:
  • 24Jul
    • 脳育スキンケアでお母さんの幸せホルモンがアップ♡

      こんにちは!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子です今日は、いつもお世話になっている「THREE」というブランドさんの発表会へホリスティックケアを提唱していて、モノづくりへの真摯な姿勢に、とても共感できるブランドですそして、今日の発表会では、なんと!!!!!満をじして!!!!!!ベビー&キッズラインが誕生揺りかごからアンチエイジングまで、、、人生にずっと寄り添うという意味で、今回のベビー&キッズラインが誕生しました。ベビーケアのアイテムは、今でこそ、いろいろなブランドがありますが、こうやって、ちゃんと肌のことを深く理解されていて、エビデンスもとっていて、というブランドの誕生は、安心して使えるし、とても嬉しく思いますベビーケアのアイテムは、実は、意外と異業種参入といって、もともと化粧品メーカーではないジャンルの会社さんが作られている場合もけっこうあるんですそうなると、思わぬ成分が使われていたりして、一抹の不安を覚えることも、、、詳しくは、「赤ちゃんブランドの盲点」をご覧くださいね。(今でも毎日読んでいただいている記事です)しかも、今回のベビー&キッズラインは、あえて精油が使われています私は普段、精油は赤ちゃんの肌に必要ないと言っています。それは、精油には植物アレルギーを引き起こすものもあるし、刺激が強いことがあるから。それと、どんな質の精油を使っているかもわからないと、使うのが怖いなと思っているからですけれど、植物アレルギーが起きない精油だけに絞り、安全性のテストをいくつも経ていると、安心できますしかも、この精油のおかげで、嗅覚が刺激され、成長に一役やってくれるというのですさらに、肌に触れること&心地よい香りの相乗効果で、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が赤ちゃんはもちろん、お母さんもアップ肌からの刺激は脳を育むうえでも、と〜っても大事ですし、お母さんのオキシトシンまでアップできたら、お互いに落ち着いて、より愛情を感じながら、ケアできるというものお母さんが落ち着いていることそれが赤ちゃんの情緒安定にはいちばんですから、と〜ってもメリットがあるというわけなのです発売は11月7日と、ちょっと先ですが、今から使うのが楽しみです脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      3
      テーマ:
  • 23Jul
    • 前代未聞! ○○でプールが中止(T ^ T)

      こんにちは!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子です小学校の夏休みも始まり、我が子の学校では、今日からプールがあったのですが、、、なんと!!!!!8時の段階で、お水の温度が31度もあったそうで、、、暑すぎるという理由で、プールが中止となりました校長先生にたまたまお会いしたので、「プールが中止になりましたね」と話しかけると、「お湯でしたからね、これは本当に危険です!」と判断された理由を教えてくださいましたお湯に入って、外気も35度超えでは、熱中症になってしまいそうですね、、、懸命な判断だったと、本当に思います。ですが、こんな暑すぎてプールを中止にしたことはかつてないそうで、、、今月のプールは全て中止になるかもともおっしゃっていました。外遊びは危ないけれど、プールなら大丈夫かな? というのも、じつはとても危険なのですそして、、、子どもよりも大人のほうが熱中症になりやすい側面が体内の水分量が大人のほうが少ないので、しっかり水分補給をし、塩分を摂り、十分な休息をとってくださいね脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      4
      テーマ:
  • 21Jul
    • 夏休みのご予定は⁉️☺️

      こんにちは!子どもの肌は3歳までが決め手!お母さんが家庭でできる「赤ちゃんからの脳育スキンケア・アカデミー」主宰長田 和歌子です世間の子どもたちは夏休みに突入でしょうか?我が家は、今年、小学生となり、初めての夏休みを迎えました。宿題がどっさりあってビックリ自分が小学生のときも、たくさんあったのかなぁと、もはや遠い昔過ぎて、、!記憶が曖昧ですが、、、さて、夏休みを迎え、皆さんはどんな夏休みを過ごそうと計画中でしょうか?夏休み、子どもたちは大きく成長するチャンスです子どもの話を聞き、何がしたいのか、普段どんなことを思っているのかに向き合ってみてください。そして、ぜひ目標を立ててみてくださいね。お子さんだけでなく、お母さん自身もなんとなく過ごすのではもったいないですから我が家は、今、相談中!子どもから思わぬ意見も出てきて、、、ぜーんぶ聞き出してからにしようと思っています毎日、例年にない猛暑なので、しっかり塩分、ミネラルを摂ってお過ごしくださいね。脳育スキンケアの専門家長田 和歌子

      8
      テーマ:

プロフィール

赤ちゃんからの“脳心育”スキンケア・アカデミー

性別:
女性
自己紹介:
はじめまして。 子どもの「安全基地」を3歳までに創る! 赤ちゃんからの“脳心育”スキンケア・アカデ...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス