マレーシア最後のジャンプはハリウッド映画や007を撮影してきた有名なジャンプカメラマンで友達の奥さんのデニスと一緒に飛んで締めくくりにした。や~!楽しかった!!また来年もこの時期はKLにいることを願う。

 

10月の前半に帰ってくると20日の間に色々な仕事をこなし、10月の後半にはナイトジャンプビックフォーメーション世界記録参加のためアメリカのアリゾナへ向かった。友達がずっと誘い続けてくれていたのでナイトジャンプの記録はもっていないし今回は参加しようか~と言う気持ちになった。前回までの世界記録は20人近く少い45人とかだった。今回は64人のフォーメーション。

そしたらなんと光栄なことに私は64番目、最後に形を作る人だった。うれしっ(^^)/

はっきり言って暗くて良く見えないので昼間より危険、しかし最終日、見事世界記録は完成しまたタイトルが一つ加わった🎵

やったぜ!

 

11月初旬に日本に帰国、約1週間日本にいて私は今度はアメリカのユタ州に向かった。CMのプロジェクトを頼まれていたので10月後半くらいからアリゾナにいる間も夜はあまり寝ずにず~っとその調整をしていた。

なのでこのプロジェクトのジャンプが成功した時はわかりやすいし喜びは最高であった‼本気でみんなで喜んだ。\(^o^)/

 

我ながらこの手配をお客さんのオーダー通りに1ヵ月でできる人は世界でも中々いないと思えた(プチ自己満足)(^^ゞ

これには場所や撮影、ジャンプ、あらゆる知識を持ちプラス、ジャンパー、機体手配、撮影の仕方を知っているカメラマンと言う人脈も必要となる。このジャンプを成功させたパットもイケメンだけでなくこの世界最小ターゲット打ち抜きジャンプの世界記録保持者である。撮影は図とほとんど同じような感じででき、ブログに書いてしまうがポールを持っている一人は実は私なんです。私自身、地上であんな近くを人が飛んでいくのを見たのは人生初めてのこと、や~!!すごかったね~!!

 

 

11月終わりに日本に帰って来て相変わらずバタバタしている。

でもやっと久しぶりにブログがかけた~!!

 

今年の最後は21日早朝から中国、昆明に行く。正確にいうと混迷から8時間くらいかかる雲南省の地域。

現在、世界で有名なウィングスーツのベースジャンパー招待選手による大会である。話によると300メートルくらいから飛び降りて200メートルのところにある2つの気球の間をウィングスーツですり抜けてその後にパラシュートを開きターゲットを狙って着地する。

スカイダイビングとは一桁違う低い世界である。今度は私もウィングスーツジャンパーの立場だ~!!!
CMで一緒だったパットも一緒だし、メンバー見ると「もうレベルタケ~(*_*)」って若い連中と一緒だからジジイも気合入れて頑張らないとあの世だよな~!こりゃ!!!
無事に終われば28日の夜、日本に帰って来られる。ベースのツアーは 毎回出かける前に「そろそろ俺にも来るのかな~?」とか思いながら緊張感をもって出かける。11月にユタ州でまたたまたま会うことのできた今回のオルガナイザーで、仲良しでもあるマイルスは一日が終わるという、「や~!!今日もいい一日だった!!誰も死ななかったから~!!」   気を付けよう!!!


楽しんでいい正月を日本で迎えよ~!!!