こちらは今朝のスポニチが報じているんですが、
これが事実だとしたら寂しさしかありません。

確かに長期契約を結んで以降の数字は
5億の年俸に見合うものではなかったので、
この年俸をキープしろとまでは思いません。
ただ…4年プレーして大した成績を
残せていない中島宏之に1億を提示した
事を考えると(それでも決裂しましたが)
長年エースとして活躍してきた功労者に
これと同じだけの金額しか出せないと言うのは
非情さを感じます。


ここからは完全に私見ですが、
金子はもうオリックスを出た方が良いと思います。
そして…これは私の希望でしかありませんが
横浜DeNAベイスターズへの移籍を望みます。

彼は捕手によって投げ易い・投げ難いが
決まるタイプの投手です。
今季のオリックスで最も出場機会の多かった捕手は
若月ですが、彼は金子にとっては後者です。
去年の開幕戦を最後に1度もバッテリーを組んでいません。
そして…金子にとって最も投げ易い捕手が
現在DeNAにいる伊藤光なのです。
金子の全盛期は常に伊藤光とセットでした。

恐らくオリックス首脳陣の意見としては、
伊藤と組めない金子に今までのような
成績を望む事は出来ないと言う事でしょう。
かつての功労者なだけに寂しさは否めませんが
期待値が薄いのであれば、年俸が
安上がりになってしまうのも否定は出来ません。
それならば一層の事オリックスを退団した上で
伊藤と再びチームメイトになれる新たな環境で
やり直す方が金子の為になるのでは、と
私は考えます。

また、DeNAのチーム事情を考えても
金子の退団が決まったら獲得に動く価値はあると思います。
何故なら、今季のDeNAは12球団で最も
先発に難のあったチームだからです。
何せ100イニング以上投げた投手が
1人しか居なかったのですから。
(他11球団には全て3人以上居ます)
因みにこの「1人」は東克樹なので、右投手はゼロです。
今季の金子は故障もありましたし、
途中からは伊藤とバッテリーを
組めなくなると言うハンデを背負わされましたが、
それでも100イニングは辛うじて達成しています。

勿論、DeNAはまず西勇輝の獲得に
動く事が最優先ですが、
西を逃した場合の代替候補としては
いの一番に挙がる存在だと思います。
自由契約なら年俸も買い叩けるでしょうし、
金子にとっても復活し易い環境だと思うので
そうなればまた稼げるとも思いますしね。
今朝の日刊スポーツが報じているのですが、
出場77試合・打率.289・5本塁打・34打点
この程度の選手に1.5億…

単純な疑問なんですが、巨人ファンの方にとって
この選手って1.5億払ってでも欲しいですかね?
今季の巨人の野手でこの数字に最も近い野手が
1.9億の長野なんですが、
毎年ある程度は安定した成績を残せている
長野と言う選手と0.4億しか違わない額が
今の中島に見合うとは私には全く思えないのですが。

捕手の駒が足りているにも拘らず炭谷の補強に動いたり、
外野の駒も足りているにも拘らず丸の補強に動いたり。
そして今回の件。
どうも今オフの巨人の動きは
金の使い方が下手な印象を受けます。

6月に右肩の違和感で登録抹消になって以来実戦復帰を果たせていないと言う

状況である為、現時点ではこのような形での契約となりましたが

石井一久GMは「リハビリが順調に進めば来季後半には戦力に」と言う趣旨の

発言をしています。内容次第では来季途中での支配下選手復帰も充分有り得そうですね。

 

楽天にとっては先日金銭トレードで加入した橋本到に次いで

今オフ2人目となる地元選手の獲得となりました。

となると今オフにオリックスを戦力外となった佐藤世那も

獲得してくれればオリックスファンの私としては嬉しいのですが…

このチームは主力選手であろうと
状況次第で放出も辞さないレベルの
ドライな経営をしているチームですが、
栗山監督就任以降常に不動の主軸として
君臨している彼に関しては流石に例外でしたね。
彼をぞんざいに扱ってしまうと
チームの核が崩れてしまう事は
流石にフロントも分かっていたのでしょう。

打の中田翔・投の宮西尚生。
この2人には引退までフランチャイズプレイヤーで
居続けてくれる事を願います。

今季は打率.422を記録する程の打撃好調ぶりでしたが

5月5日の中日戦で左膝の靱帯断裂の重傷を負った影響で出場試合数は僅か20。

現在はリハビリ中の身です。

 

恐らく、この状況でFA宣言するのは得策ではないと言う判断でしょう。

故障明けですし年齢も32歳。若いとは呼び難い数字です。

また、同じ二塁手である浅村栄斗が既にFA宣言しているので

市場での優先度が低くなる事が見込まれると言う事情もあると思います。

 

チームとしても内野は比較的若い選手が多いだけに

ある程度の実績がある彼の残留は一先ず明るい材料なのではないでしょうか。

但し結局のところ彼は宣言すらしていない上に来季は単年契約を結ぶ事が決まったので

来季以降も引き続き彼の動向には注目する必要がありそうですね。

彼自身が頑張るのは勿論ですが、チームとしても

彼が残留したいと思える環境作りが必須だと思います。

巨人・マギーの退団が決定か

まだ球団からの正式な発表は無いのですが、

スポーツ報知発の巨人に関する情報である事と

球団OBの堀内恒夫も自身のブログで言及している事を考えると

恐らく信憑性は極めて高い情報だと思います。

 

普通に考えれば、有り得ない選択だとは思います。

確かに36歳と言う決して若くない年齢ではありますが、

それでも中軸としての勝負強さは今季も健在でしたし

チーム事情に応じてショート以外の内野を全て熟せる便利さもあります。

こんな選手を球団の意志だけで切ってしまうと言うのは考えられない。

 

ただ…以前このブログでも書いた事なんですが、

彼は今季限りでの引退の可能性を示唆していて、

しかも未だに去就がハッキリしていないと言うのが現状でもあります。

これを考えると、まだどうなるか解らない彼の去就でヤキモキするよりは

来季の構想をハッキリさせる為に球団としての彼の処遇を決めておく、と言う考え方は

理解出来なくはありません。

 

彼に現役を続行する意思さえあれば

巨人以外に興味を示す球団はあるとは思うのですが…さてどうなるやら。

交渉後に球団への不信感を匂わせる発言もあったりしましたが
結局、取り敢えず来季は中日でプレーする事になりました。

5勝7敗・投球回数125.2・防御率3.87。
これが今季の彼の成績です。
中日の先発陣の中では上位の成績ではありますが
彼と同じく先発右腕且つ既にFA宣言している
西勇輝と比べると劣るのは否めないですね。
年齢を考えても既に峠は過ぎた感が有りますし。
この状況でFA宣言しても、彼の優先度は
間違いなく西以下でしょうし賢明な判断だと思います。

とは言え、繰り返しになりますが
中日の先発陣の中では上位の成績なので
チームとしては一先ず安心と言ったところでしょうか。
今季の中日の右投手で投球回100以上なのは
彼だけだったと言う事情もありますしね。
今年までは外野手登録だった彼ですが、
来季以降は捕手登録に戻すようです。

元々は捕手としてプロ入りした彼ですが、
当時の楽天には嶋基宏と言う正捕手が居た為
2013年から本格的に外野手に転向。
するとこの年の途中から主に「1番ライト」として
レギュラーに定着し、チームの日本一に貢献しました。
しかしここ数年は若手の台頭もあり
出場機会が減少していました。

楽天は新人王候補の田中和基を筆頭に
若手の外野手が伸びてきているチームですし、
来季からはドラ1ルーキーの辰巳や
巨人から加入の橋本も居るので
このポジションに見切りを付けるのは
まず本人の為でもあり、
そして嶋も昔ほどの絶対的存在では無くなっている今、
チームにとっても選択肢が増えるのは
大きなプラス材料になると思います。
良いコンバートになるのではないでしょうか。

「他球団の評価を聞いてみたい」

テーマ:

2個前の記事の炭谷や1個前の記事の西だけでなく、

今日…今オフで最も来季以降の去就が注目される大物選手2人も

相次いで自らの口でFA宣言を行いました。

もうお分かりの方も多いでしょう。浅村栄斗丸佳浩です。

そして彼らの口から共通して飛び出した言葉、それがこの記事のタイトルです。

 

率直に申し上げましょう。私はこの言葉が大嫌いです。

何故なら…このような発言をする大半の選手は

「評価」ではなく「金額」を求めているのが本心なのにそれを隠している「嘘」だからです。

過去にこのような発言をした後に金満球団に移籍している選手が何人も居ます。

 

勿論、金額云々ではなく純粋に選手としての評価を聞きたがっている選手が

過去に居なかったわけではありません。

しかし、彼ら2人に関してはこの言葉を今100%素直に聞き入れる事は私は出来ません。

何故なら…彼らは既に他球団が「野球選手としてどのように評価しているか」によって

心が揺れ動くレベルの選手ではないからです。

どの球団でも主軸を打てるレベルの打力があって、しかもセンターラインを守ってる選手。

こんな選手なんて今の日本球界に片手で数えられる程度の人数しか居ないのですから、

彼らを低く評価する球団なんて存在するわけが無いのです。あるとしたらその球団が異常。

 

押しも押されぬ主力選手でありながら優勝と縁が無かったが為に

優勝を狙える球団へ移籍する選手は確かに存在します。

しかし彼らにはこれは該当しません。

何故なら彼らは今季の両リーグの優勝チームの一員なのだから。

 

或いは…地元に帰りたいと言う選手が居る事も事実です。

このケースを考えると、千葉県出身の丸が巨人orロッテに

移籍すると言うのならまだ納得は出来ます。

巨人は個人的に嫌いな球団ではありますが、仮に彼が巨人を選ぶとしても

3連覇中のチームから同一リーグの下位球団に移籍すると言う図式になるので

リーグとしてのバランスはまだ保てています(広島ファンの方には申し訳ないですが)。

 

ただ…ここから先は以前から当アメブロを閲覧して下さっている方にとっては

繰り返しになってしまう話ではありますが、

浅村がソフトバンクに移籍するとなると私は到底受け入れられません。

大阪出身の彼にとってソフトバンクは「地元球団」には当て嵌まりません。

(因みに彼の生年月日は南海ホークス消滅よりも後です)

彼がソフトバンクを選ぶとしたらその理由は「金額」でしかないと私は断言します。

しかも彼は今日の会見で「西武を最優先に考えたい」とまで発言しています。

こんな発言をしておいて、今年の西武が最も悔しい思いをさせられた球団に

自らの意志で移籍すると言うのはもはや人間とは思えないですね。

この行動が「西武を最優先に考えた」だなんて口が裂けても言えないと思います。

 

私は以前「自分はオリックスファンだが彼には西武残留を強く望む」と言う

趣旨の記事を当ブログにて執筆致しました。

この記事でも記した事なんですが、今年の西武はほぼ自前の選手で

10年ぶりに頂点へと上り詰めたのです。しかしながら悔しい思いもしました。

喜びと悔しさの両方を感じた筈の「埼玉西武ライオンズ」と言う球団への愛着よりも

金を貰える喜びが上回ってしまうと言うのなら、

私はもう「プロ野球」と言うスポーツに魅力を感じる事は出来ません。

金満球団だけが喜びを感じられるスポーツを楽しむ事は私には出来ません。

今はただ、彼が金だけで物事を判別してしまう人間ではない事だけを強く願っています。

オリックス・西勇輝がFA宣言

1個前の記事で書いた炭谷とは対照的にこちらはかなりの争奪戦が予想されます。

現時点で噂に上がっているだけでも阪神・ソフトバンク・中日・DeNAの4球団。

このうち阪神・ソフトバンクは豊富な資金力を武器として

獲得の意向を正式に表明しているようですし、

中日は彼にとって地元球団&吉見がFA宣言の可能性が有り先発陣に不安、

DeNAは中日以上に深刻な先発右腕不足&嘗てバッテリーを組んでいた伊藤光の存在。

獲得の意向が噂されている4球団全てにアドバンテージがあるので、

オリックス残留の可能性はかなり低そうだな、と言うのが正直な所です。

 

 

彼に関して飛び交っている噂の中で個人的に驚いている事が2つあって、

まず1つ目…阪神、4年20億提示って本当なのかなと思いますね(^^;;

「4年20億」ってオリックスファンとして言わせて頂くと

2014年に沢村賞を受賞してFA宣言した金子千尋の金額と同じなんですよね。

そりゃ西も確かに好投手ではありますが、

この年の金子のような圧倒的な成績を残した事がある投手ではないんですがね。

規定投球回到達年は毎年10勝10敗前後の成績の投手です。

極端に悪い年がある訳では無く安定はしていますが、かと言って

年平均で5億払う程の投手なのかと…今季の彼の年俸の約4倍です。

 

それともう1つ驚いているのがソフトバンクが獲得に名乗りと言う事実ですね。

自分は今季のソフトバンクは浅村&丸の両獲りを目論んでいると予想していたんですが、

もし西の獲得が実現すると浅村or丸の少なくともどちらかは獲得出来ない事が

恐らくではありますがルール上(※)確定するんです。

※他球団に在籍していたFA選手を獲得出来るのは1球団につき2人まで

(同一年度に21人以上が宣言したら人数は増えます。但し、過去にここまで多くの人数が

同時にFA宣言した年はありません。また、Cランクの選手はこの人数に含まれません。)

自分が上述した予想をした理由として、今年のソフトバンクは日本一になったとは言え

レギュラーシーズンでは2位だったので両リーグの覇者の戦力を奪いに行くと考えた為です。

ところが西はパリーグ4位だったチームの選手ですし、嘗てはソフトバンクキラーだったものの

去年・今年の彼のソフトバンク戦成績は1勝7敗。寧ろソフトバンクは彼を攻略しています。

これらの理由から「相手の戦力を削ぐ」と言う意味合いは持っていなさそうなのがまず1つ。

それと今年のソフトバンク、確かに12球団で唯一規定投球回到達者ゼロだった球団ですが

これは先発を早めに降ろして救援陣をフル回転させる傾向が強かったからこうなっただけで、

先発の駒自体が他球団と比べて不足している球団ではないのです。

(100イニング以上投げている投手は5人居ます。これは12球団トップタイの数字です)

以上の事情を考えると私にはソフトバンクが彼を獲りに行くとは思えなかったのですが…

各社の報道を見た限り、どうやらソフトバンクは彼と浅村の獲得に乗り出す方針のようなので

取り敢えず私が心配すべき選手は浅村だけになったと言って良さそうです、今のところは。