【加藤ブログ】 守・破・離とは | 元プロ野球選手が教える野球教室*

元プロ野球選手が教える野球教室*

豊島区池袋にておこなっている野球教室です(*´∀`*)
正しく学んで怪我をしない身体つくりを!!
無料体験レッスンも実施中です\(^o^)/


テーマ:

こんにちは!

今回は私、加藤幹典がお送りいたしますにやり

 

 

皆さん、

「守破離」

という言葉を聞いたことありますか?

 

私も恥ずかしながら、この言葉はプロ野球の世界に入るまで聞いたことがありませんでした。。。

 

 

守破離とは…

 

日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

※https://ja.m.wikipedia.org/wiki/守破離 ウィキペディアより引用

 

ということだそうです。

 

私なりの解釈をすると、

「守」 …基本の徹底

「破」 …応用・技術の修得

「離」 …自分の型を模索

こんな感じだと思いますにやり

(あくまで個人的な見解です)

 

基本を修得することで、応用した技術に対応でき、

自分のスタイルが生まれます。

 

しかし、基本がしっかり出来ないままだと変な「癖」がついて、

一度ついてしまった「癖」を正すのに時間がかかりますガーン

 

正しい身体の動かし方を学び、反復練習することで、

小学校高学年の「ゴールデンエイジキラキラの子供たちはすぐにマスターしますOK照れ

(↑ゴールデンエイジのお話は次週でしますね)

 

子供たちの成長ってスゴイですよねびっくり拍手

教えたことがすぐに出来るようになるなんて、本当に驚きです!!

 

正しい投げ方で1球でも多く投げられるようになること。

毎日、1球ずつでも多く投げられるようになれば、

日に日に子供たちは成長していきます爆  笑野球

 

正しい動作を毎日続けること。

これが基本の徹底で「守」だと思っています。

 

武道では初段まで3年~4年かかるそうです。

これだけ徹底して基礎を積み上げていくんですね筋肉

 

プロ野球に入ってでも練習する内容は、

基本の徹底パー

基本が出来て、初めて応用ですねキラキラ

皆さんも基本を大切に、向上心を持って頑張っていきましょうおーっ!野球

 

それではまた来週!

これからも応援よろしくお願いします照れお願い

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログへのコメント、またはメール

sports-baseball@revive-tokyo.com

まで。

お待ちしております☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

baseball-reviveさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス