結局、民主党も自民党も、根底からの改革は出来ず、このまま日本の格付けが下がって、財政破綻し韓国のようにIMFが強制介入して、公務員の給与のカットや、医療福祉のカット、無駄の切り離しをして、非効率な法人の解体をして、日本の制度の大手術をして、そうして、もう一度、戦後の焼け野原から勝ち上がったような、日本人が、危機から脱出しようとする、真剣にならざるを得ない状況を作り出さないと、この国はやって行けないでしょう。


まずは、中学校高校で、読み書きそろばん科学、歴史を教えると共に、政治制度について、正しく、この国の現状と何がまずかったのかを、若いこれからを支える連中に教えて、彼らに考えさせることから始めるべきでしょうね。



いつまでたっても

テーマ:

いつまで経っても、日本人にはクラシックは根付かないのだろうか、、、

第九やオペラなど、なかなか音楽レベルが積みあがってゆかない、、

聴衆も、耳が肥えてこない。


やる事に意義がある、という意見もある


よく分からない


それなりのお金を払って、良い演奏を聴く方がストレスが少ないか、、


いろいろ考えてしまう。

その点、演奏に厳しいうちの師匠に指導されてよかったと思う。