【2010春季大会行脚18~東北】春の〆は津軽から | BARRYVOICE

BARRYVOICE

高校野球地方大会観戦が趣味
合わせてその土地ならではのものもご紹介


テーマ:
おはようございます
春季大会行脚の締めといたしまして
東北大会@青森に出没しております

今日の青森は曇り空。
気温は17度。
大阪との寒暖の差が激しいです(笑)

東北大会は木曜日から始まっており
本日は早くも大会第3日目
準々決勝となります

センバツには聖光学院と花巻東、日大山形
そして由利工業を送り込んだ東北勢
しかしながらベスト8の顔ぶれを見ると
聖光学院以外は残っておらず、混戦様相。

近年旗色の悪かった公立勢も2校残り
大会を盛り上げているようです

ベスト8の顔ぶれは
青森……八戸学院光星、弘前東
岩手……なし
秋田……金足農業
宮城……東北
山形……山形城北、羽黒
福島……聖光学院、福島商業
というもの。
岩手ゼロ、宮城が1校というのは意外感あります

本日は青森県営と青森市営の2会場に分かれて
2試合ずつ行われます。
どちらに行くか悩ましいところでしたが、
公立好きとしては2校登場の
県営を選択した次第です。
(弘前工業が残っていたら、
市営に行っていましたがww)

青森県営球場といえばあの
東奥義塾と深浦の試合があったことでも
おなじみのところです




【本日の試合】
準々決勝
八戸学院光星-福島商業
金足農業-東北



八戸学院光星と東北は平成の甲子園で
準優勝の経験があります。
また、八戸学院光星以外は
昭和の甲子園で活躍した学校でもあります。
特にオールドファンにとっては
福島商業や金足農業の三浦、古溝、水沢……
これだけで反省会3時間はできます(笑)

ということで新たな歴史を刻み込むことを
期待して、春の名残を楽しまさせていただきます




バリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります