もうすぐ成人です(*´꒳`*)



少年法や母子及び父子並びに寡婦法は20歳未満。
他の法律、児童福祉法とかは18歳未満

までが子供と定義されています。


とうとう大嫌いだった大人になってしまいます。


まだ20歳ととるか。
それとも、もう20歳ととるか。

自分は後者です。

ジャネーの法則というものがあります。

よく「1年が早い」「昔は長かった」という話を聞きます。 

それは、ジャネーの法則によると
10歳の時は、1年は1/10。 
20歳の時は、1年は1/20。 
50歳の時は、1年は1/50。
と、同じ一年であったとしても価値が違うために発生します。


きっと自分もこれから先、どんどん1年は短くなります。


だから、今の長さの1年はとても貴重な物です。

でも人生はたった1度きりしかありません。

生まれ変わりもきっとありません。

仮に生まれ変わりがあったとしても、今の自分は消滅します。

記憶を失い、人格や性格が変わり、もしかしたら性別も変わるかもしれません。 

でも、それは生まれ変わりと自分は思いません。
 


人生はゲームみたいに裏技なんてありません。
アニメや漫画みたいに異世界転生もなければ、チートコマンドもありません。

 全員一度きりです。

なのに、目的もなく、ただ惰性で生きている人間がたくさんいます。
 
「どこに就職するの」と聞くと

「ここに行きたい」と言います。

「どうして」と聞くと

楽そうだから。 給料高いから。と返ってきます。

(人生、それでいいの?)と思います。



たった1度きりの自分の人生。
 誰にも譲れない、たった1度きりの人生。


毎日同じことの繰り返し。

朝起きて、電車に揺られて、仕事に行って、帰って寝る。

そしてそのまま終わり。

惰性で生きて終わり。

そんな人生で満足?


朝起きて、ダラダラして、気がついたら夜。

誰か助けてほしい。

誰か解放して欲しい。

そうして誰かに期待して、自分は何もできない、無力なままの人生。

生きる目的も見つけられない。

なぜ行きてるのか分からない。

そのまま惰性で終わる人生。

そんな人生は満足?
  


普通であること。 

朝起きて、ご飯を食べる。

顔も洗って歯も磨く。

笑顔で「行ってきます」とドアを開ける。

学校に着いて、友達とくだらないことで笑い合う。

もちろん授業も受ける。

学校が終わると「ただいま」と、カバンを放り投げて友達の家に遊びに行く。

それが終わると家に帰って宿題をする。

お風呂に入って、ご飯を食べて、歯磨きをして。

ゴロゴロ鳴いてる猫と一緒に布団に入る。


自分はこれ(普通)の一部を取り戻すのに5年かかりました。

でもまだ、全部は取り戻せていません。

親との関係や心理面、能力や友人など、まだまだ失ったままのものは多くあります。

だから普通であること、当たり前の日常を過ごすことはすごく大切です。

でも、それにしがみ付いて惰性であることは、自分は嫌です。

目的もなく、生きる意味も分からず、ただ生きることは嫌です。



日本人の平均寿命は約80歳です。

自分はあと、たったの60年ぐらいしかありません。

もしかしたら後10年かもしれません。

残り10年。 残り60年。

せっかく拾った命です。

残りの時間、自分は誰かのために生きます。

そして、いつか笑顔で「あなたがいたから自分はやり直せました。 ありがとうございました」と、恩返しをしたいです。