瀬戸内海釣行振り返り!

テーマ:
どうもバリ(♂)です!

振り返るって程では無いものの、前回の瀬戸内海釣行を次回に繋げておく為に備忘録的に書いておこうと思います

過去書いた通り釣果の方は

初日: タチウオジギング
バリ(♂)19本ボリ(♀)30本
(その後数えたら合計52本)

2日目: タイラバ
バリ(♂)&ボリ(♀)共に真鯛ボーズ
フグ1匹ずつのみ

3日目: タチウオジギング
バリ(♂)12本ボリ(♀)23本
(外道でエソ1匹)

タチウオジギングは去年の感覚からすると、ボーズにはならないでしょ?!って感じで結構お気楽な感じだったものの、いざ真面目にやってみると奥が深い

適当にシャクっていても釣れるっちゃ釣れるし、最初ボリ(♀)が見よう見まねでシャクっていてもアタリが頻発、バリ(♂)は色々考え過ぎたのか逆に釣り負けてしまった… それでも今回勉強になったのはシャクりながら弱ったベイトを演出する事ですかね (説得力が弱いけど…)、後はアタリが止まったらシャクり方を変えるかいっその事ジグを交換するのもフォールの姿勢が同じシャクり方でも違ってくるから、こっちの方が手っ取り早い?!

一方、タイラバは散々たる結果でした… 去年11月上旬に来た時は そこそこ良かったんだけど、今回は1日通じてショートバイト1~2回のみ

途中「タイラバ止めて他の釣り(=タチウオ)する?!」と船長に聞かれたんだけど元々タイラバしに瀬戸内海に行った事もあって断ってしまった、今思えば見切りをつけるって事も大事だね

三日間通じてタイラバタックルで遊んだんだけど、やっぱりタチウオジギングするにはこのタックルだと柔らかい、もうちょっと張りのあるロッドの方がジグをアクションさせ易いのと、リールもダブルハンドルじゃなくシングルハンドルだと楽そうだなって思いました!

次回に向けてとしては、血抜き用にハサミを用意するのと常連さん達のフックを見てたらバリボリズが使っているフックよりかなりゴツいフックを使ってたのでそっちに変更した方が良いって感じ (実際リアフックは大きいタチウオが掛かった時はちょっと伸びてた)

まぁ、捌くのは大変だったものの、タチウオジギングを真面目にやってみて、かなり面白かったのは収穫でしたね

と言うわけで

もしかしたらジギング専用タックルの購入を検討しちゃうかもしれません…