リハビリ。 | Bar R blog。

リハビリ。

前回の更新が先月の頭だったのでほぼ1ヶ月ぶりになってしまいました。。。


また少しづつブログにあてる時間が出来てきたので、


お酒の紹介を中心になるべく定期的に再開していこうと思います。



とりあえず今回は8月と9月入荷のボトルをざっくり紹介します。



                      < 8月入荷ボトル >


Bar R blog。-a


(写真 右 から)


・ クライヌリッシュ 1995 16年 55.1% アデルフィ


・ ブナハーブン 1997 14年 57.1% アデルフィ


・ レダイグ 1997 15年 54.4% ディスティラリー・コレクション


・ スプリングバンク 1989 11年 43% ザ ウルティメイト


・ ローズバンク 1989 14年 46% ウイスキー ガロア


夏本番の8月にコッテリ系のシェリー樽カスクストレングスを3本も入荷したのは良い思い出(?)です。


下の2本は2000年代前半のボトリングで加水タイプ。


それぞれの蒸留所の特徴を非常に素直に表現した良いボトルです。





              < 9月入荷のボトル >



Bar R blog。

(写真 左 から)

・ スコッチモルトウイスキーソサエティ 2.80 「途方も無く芳醇で風味豊か」


・ スコッチモルトウイスキーソサエティ 93.44 「ハーバーサイドジャーニー」


・ グレンリベット 1977 34年 48.2% A.D.ラトレー


・ ベンリアック 1991 20年 54.9% A.D.ラトレー


・ プルトニー 1998 13年 56.9% G&M カスクストレングス


注目は2.80 最近ソサエティでのリリースがあまりない リべ○トの方で


またまたコテコテのシェリーカスクです。。。


寒くなる頃にフレーバーが少しでも開いているようにと


今から口開けしておく事が重要なのですよ!!!←言い訳



93.44のスコ○アは蒸留所らしさ全開で


しっかりとした潮気と思ったより感じられるスモーク、


バレル樽由来のバニラ香とイメージしやすい味わいです。



ADラトレーの2本は相変わらずコスパが良い!


特にベンリアックは舌触りのなめらかさが秀逸です。


グレンリベットは自分のバースイヤーで年も同じ34歳。


蜜のような甘さとおだやかなハーブを感じ、


私と違って素敵な熟成を経た大人の味わいです。



G&M プルトニーはこれまたイメージどおりの


「始め潮パンチ、後からフルーツ系」で蒸留所のスタイルが素直に出ています。



今月は上記以外にも


・デイヴ校長のモルトの学校 第2弾


・久々にジャケ買いしたデビルパンチボール

・こんなに早く日本に入ってくるって知っていたら わざわざ買わなかったアードベッグガリレオfromロンドン


などなど到着予定です。


最近ボトルの入れ替わりが激しいので飲み逃がしのないようお気をつけ下さい。