北海道胆振東部地震から2ヶ月にて | バル ハルヤから

バル ハルヤから

札幌は白石区本郷通8丁目から菊水に移転した
ランチからコーヒー、ビール、ワインはもちろん
ウイスキー、カクテルがワンコイン(500円)から楽しめるお店


バル ハルヤ
札幌市白石区菊水3条3丁目2-15 B1F
TEL 011-867-0397


テーマ:

昨日で北海道胆振東部地震から2ヶ月が経ちました

 

2ヶ月前の地震の際

 

僕らはフランス ボーヌに居ました

 

予定では今回の旅で体験したこと、学んだことを

 

このブログで紹介しながら新たなメニューもご案内したいと考えていました

 

 

旅をしながら今回の地震を聞き

いろんな事を考える機会ともなりましたが

 

2ヶ月が経ち

 

 

今をここに書いて置こうと思います

 

 

 

 

現在 当店では卵料理をお休みさせて頂いています

 

 

 

スペインでも多くの卵料理を味わい、お店のメニューに活かそうとしていました

 

 

(グラナダにて バルのトルティージャ スペインオムレツ)

 

 

 

 

 

(ヘレス フラメンコを聞きながら)

 

 

 

 

 

 

(マドリッド 歴史のあるバルのトルティージャ)

 

 

 

 

 

(バルセロナ バルにて ウエボ フリト フライドエッグ)

 

 

(バルセロナ サクラダファミリアそばのタベルナにて アルボンディガス スペイン風肉だんご)

 

 

 

 

 

(マドリッド 話題の創作タベルナにて ウエボ フリト)

 

 

 

 

しかしながら

 

当店で使用している卵農家さんが被災され

 

建てて2年も経っていない新築の住宅や

 

鶏舎が土砂で流され

 

 

卵を作れる状況では無くなった事により

 

今までの卵が入手出来なくなった為

 

 

 

サラダに使用しているマヨネーズさえ作れなくなりましたが

 

他の卵農家さんを紹介して頂けるとも言って貰いましたが

 

 

 

厚真町でまた復活に向け動いているのならば

 

その卵が出来るまで待とうと思います

 

 

(小林農園さんのブログ)

https://profile.ameba.jp/ameba/kobayashinouen

 

10月に1度、先日の5,6日も新たな小林農園に行き

 

 

手伝いをしてきました

 

 

 

 

画像は10月22,23日に手伝いに行った時の物で

 

左手に見える納屋を卵の選別や磨きなどに使用するための内部の修繕を担当してやっています

 

 

その日はその敷地にテントを張り泊まり

 

 

小林さんとこれからの夢などを語り合いまして

 

 

月がきれいで静かで良い所でした

 

 


 

 

 

1500羽いた鶏は 半分は土砂に

 

残りは鶏舎を開け放ったそうですが

 

1月半経ってそこまでの道が出来き

 

向かった際には狐などに襲われずに生きて残ったのが

 

3羽だけだったそうです

 

 

(生き残ったレジェンドの3羽)

 

 

 

5日は納屋の休憩室の天井を少しやり

 

またこの地でキャンプも良いのですが

 

避難所生活を強いられている小林夫妻を引っ張り出して 

 

にお越し頂き

 

千歳に安いホテルを2部屋取り

 

一緒に飲みました

 

聞く所によりますとヨガマットみたいなものを3枚敷きにしても硬い床を感じながら

 

中央でまとめて作られる配給は小林さんの居た避難所では冷めていて

 

前日の夜に出されたご飯はおにぎり2個とイワシの缶詰1個だったと

 

 

 

その避難所も2ヶ月経ち集約され、中央に引っ越しとなり

 

ご飯の品数は多くなるようですが

 

集められた集団生活での周りへの配慮は今までより気を使う状況となるようです

 

 

札幌に居ますと普通の生活に戻っていると感じますが

 

厚真ではそんな日常が続いているようです

 

 

 

千歳のジンギスカン屋さんでビールを飲み

 

 

 

 

 

おでん屋さんで熱燗

 


 

 

 

バーでジャックを飲んでホテルで寝ました

 

 

 

 

 

 

6日の夕方にはビニールハウスの屋根のビニールが掛かりました

 

風に煽られ3回目のトライでやっとです

 

 

 

ビニールハウスの鶏舎は2棟

 

11月19日に900羽の鶏を迎え入れることになっています。

 

 

小林農園さんのボランティアもまだまだ募集です。

 

まずはご支援して頂いた方へのお礼の卵からとなるようですので

 

当店にて卵料理が出せるのは早くても来年、まだ時間は掛かりそうです。

 

 

 

ウイスキーは日々入荷しています

 

夏に入荷してたのはこちらのボトル

 

 

 

熊本城復興支援ボトル

 

ISLAY 2005 12年 52%

 

売上の一部が熊本城復興に使われます

 

 

 

 

札幌は札幌でインバウンドが減ったなら内需拡大的に

 

飲みに出て、遊びに出て

 

経済を回して行くことも大切な事だと思っていますし

 

 

 

 

生きて平穏に生活出来ている僕は

 

その事に感謝しながら

 

いろんな形でいろんな事が出来るはずと

 

感じるのであります。

バル ハルヤさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス