宮古島旅行記 「BAR THINK」編 | BAR white L(ホワイトエル)のブログ

BAR white L(ホワイトエル)のブログ

天神橋最南端のBARです。
「身近で温かいオーセンティック」
をコンセプトに下町のbar文化を発信していく所存です。
心地良く背筋を伸ばし、限りなく心に寄り添う。
white Lはそんなお店でありたい。

BAR white L
年中無休 18時〜4時
大阪市北区天神橋1-10-9 2F


テーマ:
みずきの修行課題「ギムレット」のゴールが見えて来ました。
それは、カクテルとは何なのかを知る、大切な過程。
旅する前に地図を書くタイプ、鈴木です。



さて、宮古島旅行記ですが、今回は南国関係ありません。
大好きな沖縄。そして大好きなBAR。
正直その両立は難しい。リゾートにはリゾートBARの楽しみが有りますが、カクテルのレベルやウイスキー等の品揃えは大阪や東京が圧倒的。
そりゃそうなんですが...。

見つけちゃいました。
恐らく、「南国」で世界一のクオリティのBARです。
って言うか、都会でも滅多にないレベルのBARです。
まさか、宮古島にあったとは( ゚д゚)

てな訳で今日の旅行記は、恐らく最初で最後の「南国オーセンティックBAR」のお話。

1軒目のBAR、「STYLE」さんのご紹介でもう一軒。
徒歩で移動。
宮古島の中心街・平良はお店がコンパクトに纏まっていて、飲助には有難い。

「ここだよな?」
と何度か行ったり来たりしてようやく見つけました。
ビルの二階、剥き出しの階段を登り、扉を押します。

何、ここ⁇
何でこんなバーがここにあるの⁇
{C6961F0D-CF13-4019-91AD-69F0CCACB435}

超、オーセンティック。

物腰柔らかな御年配のマスターが笑顔で迎えてくれます。

写真を撮るのも躊躇う、完全なるオーセンティックバー。

パッと見えるバックバーでもこれですよ?

テンションがね、上がって上がって、
もう...、上がって上がって((((;゚Д゚)))))))

はやる心を抑え、先ずはホワイトレディを。
{E5869833-57E6-47F9-82D2-5DFB06DE6B4A}

もう、明らかに美味そうなので、撮る前に一口飲んじゃいました。
当然の様に美味い。
しかも、敢えて度数の高い製菓用コアントローを使った一捻りあるホワイトレディ。
素晴らしい‼︎

その後も
{729388D3-304C-4AB6-8CCA-25A9B76F10D2}

まぁ、もう...

{1BD86C19-FE9E-40C7-BE1A-93FEEF1E7E2C}

素晴らしいお酒ばかり

{260DA079-24C3-4700-B487-1D47DA2DFCA1}

飲んで飲んで...。
もうお会計無視で飲んで飲んで。

チェックしたら、大阪の半額位( ゚д゚)

ここに来るだけで、宮古島来る価値あるかも...。
って言うか、3日ほど良い酒ばかり飲んだら、飛行機代出るんじゃないか?

聞けば1988年から続く浜松の超有名BARのマスターだそうで。
その宮古島店ですって。
浜松はお弟子さんに譲られて、今は宮古島に骨を埋めてるとか...。

なーるほど、南国に心を売った大先輩って訳だ。
優しく、深く、そして遊び心満載のマスター。
素晴らし過ぎるBARでした。

遊び心満載のマスターはこの日、営業時間を一時間巻いて、海へ海老を採りに出かけました。
入店時も「私海老採りに行くんで早く閉めますよ?」とww

いや、もう、そんなトコ、「沖縄」っぽくて好きです。

皆島、宮古島に行くなら、
「行かねばならない」店がここに有ります。

BAR THINK
沖縄県宮古島市平良西里231
18時~24時
基本・無休



BAR White Lさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス