知覚過敏について・・・ | 輪島市の歯医者 笹谷歯科医院 ~バンザル歯医者のブログ~

輪島市の歯医者 笹谷歯科医院 ~バンザル歯医者のブログ~

当医院のお知らせや、知っててほんの少し得する歯科の内容、僕の日頃感じた事など、
難しくない内容で幅広く、
更新出来たらなと思っております。

こんにちは(^_^)

 

今日は知覚過敏について少しお話させてもらいます・・・

 

冷たいもの、あついもの、甘いものなど食べた時や口に入った時、また歯ブラシする時など鋭い痛みを感じたことはないでしょうか?

 

このような症状を訴えられ来院される方が多いです。

 

診査しても歯や歯周組織に大きな問題がない場合も多々あります。

 

このような場合は知覚過敏と診断されます。

 

知覚過敏の原因は様々あり、代表的な原因としては

 

・虫歯や歯周病によるものや適合不良な詰め物の存在によるもの

・歯ぎしりや食いしばりにより歯が痛んでいるもの

・酸っぱい飲食物の摂取しすぎで酸蝕症によるもの

・不適切な歯磨剤や歯磨きによるもの

など大きく分けるとあげられます。

 

当医院では処置が必要とない知覚過敏と判断する場合は、生活習慣の見直しや正しい歯ブラシの当て方や歯への過度な負担がおきないよう指導する事で経過が良好に向かうことが非常に多くある為まずは患者様への指導を行います。

 

あまりに過度な知覚過敏がある場合は、神経をとれば楽になるのですが、この処置を行うことにより歯の寿命は大幅に短くなる為、神経をとる処置は年齢にもよりますが最終手段とさせて頂いておりますし、そこまで処置が進むことはほぼありません・・・。

 

そのまえに刺激が神経に伝わらない様に歯にコーティングしたり、修復したりすることにより症状が減退できます。

 

しかし前述したようにそのような処置をするまでもなく経過観察していくことが多いと感じております。

 

その手段の一つに知覚過敏専用の歯磨き粉などに変える!や意識して食事以外は上下の歯の接触を避けるよう意識する(普段は上下の歯の接触はしていない)などちょっとした意識と環境の変化で状況が変わることが多いのが現状です。

 

知覚過敏の状態や、原因により適正なアドバイスをさせて頂いております。また知覚過敏用の歯磨き粉も試供品としてお渡ししておりますので不明な点などありましたらスタッフご質問ください。