枚方市議会議員 ばんしょう映仁です。

 2021年12月22日、枚方市議会は、令和3年12月定例月議会の第6日(最終日)。子育て世帯への臨時給付(残り5万円)などの補正予算を審議、決議、その後、「朝鮮民主主義人民共和国による日本人拉致問題に対する理解を深める取組の推進に関する決議 」、国会議員の「文書通信交通滞在費及び立法事務費に関する制度の見直しを求める意見書」などの採択、最後に地震の際の避難訓練をして閉会となりました。

 

image

 

 令和3年12月定例月議会 12/22 審議案件 

 

私なりの今回の審議のポイントを挙げます。

 

一般会計補正予算:補正後の一般会計予算額:約1,680.8億円

 今回の補正額:約116.8億円の増額

 補正後の総額:約1,680.8億円

 

本日の各議員と理事者との主なやり取りについてまとめてみます。(私の受け止めも含まれます)

 

子育て世帯への臨時特別給付事業費(国):31.7億円

 

内容(内訳)

子育て世帯への臨時特別給付金に係る残り5万円について、現金給付するための給付金及び事務経費の増額

  • 18歳以下の子ども1人あたり5万円の給付費 31.7億円

 

 
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金事業経費(国):約77.2億円

 

内容(内訳)

住民税非課税世帯及び家計急変世帯に対して、1世帯あたり10万円の給付を行うための給付金及び事務委託等

  • 給付費 75.0億円
  • 事務経費 2.2億円

 

 

 
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給事業費(国):約7.6億円

 

内容

要件にすべて当てはまる世帯は、令和4年3月末まで再支給の申請が可能なった

 
 

 


 

議員の主な質疑(要旨)

今日の質疑は、2,3ありましたが、特に書き留めておきたいものはありませんでした。

 
 
一人ひとりが笑顔、ひらかた万笑!

 

 「子育て世帯への臨時特別給付金」は、今回の補正予算で児童手当世帯には12月24日現金一括給付が最終決定しました。

 「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」の支給方法、支給日等は、国からの通知があってからお伝えするとのことです。

 

 本日の補正予算案は、枚方市としての思いがなく、残念。一人ひとりが笑顔になる政策かどうか?未来の笑顔につながるのか?という観点、市民福祉の最大化という観点で政策を追求していきたいと考えます。