そういうわけで地元ケーブルテレビ「ジェイコム多摩」でのご紹介2件。

 

 

一つ目は「長っと散歩」。

 

 

市長が散歩をして出会った人々と触れ合うという内容。「ちぃ散歩」ゃ「じゅん散歩」の市長版といった感じ。金文堂の先代さんとともに「古老」として国立の歴史、文化、芸術について語り合うもの。

 

今回のテーマは桜。

 

 

一応、桜色のボタンダウンを着て行った。

 

 

アントルメの桜のお菓子をいただきながらトーク。

 

 

「桜と国立と芸術」ということで「自社商品」を持ち出す図々しさ。「俳画カレンダー」の過去作品より、嵐山光三郎先生作の桜をテーマにした俳画をご紹介。

 

 

 

時間にしてほんの数分。僕はアガらない性質なのでちゃんと務めたつもり。滑舌が悪いのと話が回りくどいのはデフォルト。つまり能力が低値で安定している。放っといてくれ。

 

 

そしてせっかくなので自己満足の仕込みもぬかりなく。

 

 

紺のブレザーなど着ているが襟にはデリシャの「銭湯へ行こう」バッジ。

 

 

 

俳画カレンダーはチャーマァーバッグから取り出す。そしてずっとオン・ザ・テーブル。

 

 

 

さらなるオン・ザ・テーブル物件。

 

 

僕の2018一般映画ベスト作「スモーキング・エイリアンズ(←クリック)」仕様の手帳。

 

 

 

 

 

 

ご紹介ありがとうございます。

 

ちなみに市長の散歩の相棒はジェイコム多摩のベテランキャスター・斎藤さん。開業前、エソラでイベントプロデュースごっこをしているころ何度か取材していただいた。そうだ、俳画カレンダーの初期に開催した原画展も斎藤さんに取材していただいたのだ。もう10年以上前になるのかな。

 

 

そしてもう一本は「デイリーニュース」。現在開催中の「チャーマァ洋品店」の初日を取材していただいた。

 

 

一本目のニュースは昭和記念公園でチューリップが花盛りのニュース。

 

 

花盛りなら負けてないぞ。

 

 

左はデリシャ研究生のルアンちゃん。右はジュンマキ堂のラッパのマユコさん。

 

 

ショーのオープニングは、久寿玉の開披(役所、企業関係の式次第ではこういう。「棟上式」などで行われる)から。

 

 

踊るデリシャ。

 

 

そして展示風景。

 

 

昨日書いたようにショーの時間が伸び、チャーマァさんのコメントが取れなかったのでやむを得ず僕が代理でコメント。

 

 

 

でもそのコメントがスカスカだったので、実は昨日電話で追加取材があった。

 

 

 

 

さすが、短い言葉で的確に。つまりそういうこと。

 

 

 

 

きれいにまとめていただきありがとうございました。

 

 

この放送、今日から1週間限定でスマホで視聴可能とのこと。詳細は下記サイトにて。要は視聴用アプリをダウンロードするらしい。

https://www2.myjcom.jp/special/dolocal/

 

 

 可能な方は是非ご覧ください。そして可能な方は…

 

 

「チャーマァ洋品店」にお越しください。

 

 

・・・・開催中・・・・

 

4月13日(土)~4月21日(日) 

『チャーマァ洋品店』第2号 ←クリック!!

 

・・・・もうすぐ開催・・・・

 

5月2日(木)~10日(金) 
小林敏也アイヌ画本『おおかみのこがはしってきて』『イオマンテ』原画展 ←クリック!!

 

5月24日(金)

中川フォークジャンボリー25 with 松永 希  ←クリック!!

 

5月26日(日)・ 5月27日(月)

第6回 丸山清人絵師 銭湯背景画教室  ←クリック!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハテナダイアリーの過去記事

http://d.hatena.ne.jp/banka-an/

 

ギャラリービブリオ公式サイト

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ

  ↑クリック!!