留学生奨学金、第二弾 | バンコクジジイのたわ言

バンコクジジイのたわ言

バンコクのリタイヤジジイです。  
料理、バイク、旅行の話、そしてニュースに咆える。


テーマ:

反日国から、国費で留学生を受け入れてどうするって事ですわ。

 

日本人の学生がおざなりにされてる事で、自民党の小野田紀美君が、またもかみついた。

 

この問題は国民が皆思ってる事だから、話は大きくなる気がします。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
国費で留学生受け入れ本当に必要? 自民党・小野田紀美議員が激白! 「日本人の学生にこそ国費を投じて…世界で戦える人材に」
2019年4月20日 17時1分
http://news.livedoor.com/article/detail/16346384/
  日本が国費を使って外国人留学生を受け入れていることに、国会で疑問が投げかけられた。

 

年間180億円以上も税金を注ぎ込みながら、中国や韓国などの「反日」姿勢は変わっておらず、友好親善に寄与しているとは思えないからだ。

 

日本の大学生の約半数が「奨学金」という名の借金を背負い、卒業後の「奨学金破産」が社会問題化するなか、現状を放置していいのか。

 

制度の見直しを訴えた、自民党の若手論客、小野田紀美(きみ)参院議員(36)を直撃した。

 

 「日本人の学生は、(返済の必要のない)給付型奨学金の支給額が月額で2万~4万円。

 

それが、外国人の研究職の国費留学生の場合では月額14万円強だ。

 

大臣、切ないとは思いませんか?」

 

 小野田氏は15日、2017年度予算をめぐる参院決算委員会で、こう質問した。

 

 柴山昌彦文科相は「国費の外国人留学生制度は、戦略的に優秀な外国人留学生を採用している制度設計だ。ご理解をいただきたい」と答弁した。

 

 小野田氏はこれに納得せず、「ならば、『日本人の学生の方が恵まれていない』という反応が出てこない制度に、仕組みを変えてほしい」と迫った。

 

野党席からも「そうだ!」という声が上がった。

 

 外国人の国費留学生制度は1954年、第5次吉田茂内閣時代に始まった。

 

「日本との『友好親善』に尽くす人材を育てる」ことが目的だった。それから65年が過ぎた。

 

 国会で明らかになった決算資料などによると、17年度には約9000人の留学生らに総額180億円近くが奨学金や授業料の一部などとして支給されたという。

 

文科省によると、19年度予算は185億円という。

 

 地域別の留学生数と割合は別表の通り。

 

アジアが6322人(67・1%)で、欧州が1115人(11・8%)と続く。

 

アジアの中では、中国がトップで、インドネシア、タイ、ベトナム、韓国と続く。

 

 各国との友好親善が目的の1つだが、公益財団法人「新聞通信調査会」が16年、「日本への信頼度」を国別に調査した結果、中国と韓国の留学生で「日本に好感が持てる」と答えたのは30%程度だったという。

 

これで、文科省は「効果がある」と胸を張れるのか。

 

 現在、日本の大学生の2人に1人が奨学金を利用しているという。

 

奨学金には大きく「給付型」と「貸与型」があり、給付型は返済の必要はないが、貸与型は卒業後に返済義務が生じる。

 

つまり「借金」であり、卒業後に返せなくなって自己破産というケースもある。

 

 国費の外国人留学生制度との「差」を感じざるを得ない。

 

 前出の小野田氏は17日、夕刊フジの取材に応じ、外国人の国費留学制度にひそむ“不思議”について語った。

 

 「国費留学生たちは本来、『日本から祖国に帰り、その国の発展に尽くす』のが目的の一つだった。

 

ところが、実際は日本国内に残って就職する例も多く、帰国者は半数にとどまる。

 

日本人の大学生は、そんな優秀な外国人留学生が就職活動などでライバルとなる」

 

 「日本人の学生にこそ国費を投じて、即戦力として世界で戦えるような人材に育てるべきではないのか。日本の学生の職を奪うかもしれない留学生のために国費で入れるのはどうなのか、との意見があっても不思議ではない。心配している」

 

 同制度に対する、文科省の検証のあり方にも疑問がある。

 

 文科省は3年に一度、外国人留学生を受け入れた大学に、その後の進路などを調査をしている。

 

出身国に戻り、国会議員や大臣などの要職に就いた人物もいる。

 

「日本を好きになった」といった反応も得ている。

 

 小野田氏は「留学生OBが、出身国で得た地位をどう活用し、日本への理解を深め、日本のためにどんな影響力を発揮したかをつぶさに追い、『国費制度の効果』を定量的に検証していない。

 

そこまでするのが、多額の国費をかけた『責任』ではないか。

 

今後、関連予算を組むにも、『この先、何年でどんな効果を目指すのか』もセットで考えるべきだ。

 

文科省にはそこまで求めたい」と提案した。
=============

 

 

 

「中国や韓国・・・友好親善に寄与しているとは思えない」

 

全くその通りですわ。

 

反日国からの留学生を、受け入れてどうするんだよって事です。

 

国費を使って、敵を育ててるようなものです。

 

敵に金を渡してる役人は、「殺されても仕方ない」くらいは考えろっつうの

 

 

「日本人の学生・・・月額で2万~4万円」
「外国人の研究職の国費留学生・・・月額14万円強」

 

んー、こりゃ、金を配ってる連中は国賊と言われてもしょうがないですわ。

 

国賊なら、ある日突然、無名の国民に殺されたって、文句は言えませんわ。

 

役人ってのは、税金で働いてるんだから、そのくらいの覚悟をしてるはずだよね。

 


『野党席からも「そうだ!」という声』

 

これが面白いんだが。

 

そうだって事は、中国韓国人への給付を閉めろって事です。

 

中国韓国が、不利になることに賛同してるんだが、大丈夫か?

 

 

『友好親善が目的の1つ・・・・中国と韓国の留学生で「日本に好感が持てる」と答えたのは30%程度』

 

ほら、中国韓国だけは支給対象から外せって事です。

 

本来100%でなけりゃならんのに30%

 

明らかに、敵に金をばら撒いてるって事ですわ

 

 

「日本人を大切にしない文科省」なんか潰してしまえ。

 

アメリカには、文科省に当たる役所が無いんだよね。

 

無くても良いんじゃないの?

 

利権ばかり発生してしょうがないです。

 

クリックしてね!
↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング 

頑張れ日本!●

日本人に生まれてよかった!

          

バンコクジジイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ