はち。の徒然日記。

はち。の徒然日記。

はち。の日常で思ったこと、起きたこと。関心があることについて綴ったブログです。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

あなたにとってモテ男とは、どんな男でしょうか?


 たぶん、真っ先に思い浮かぶのが、なぜだか女性を引き寄せるフェロモンが出ている男でしょう。イケメンに多いタイプです。いつも女に困っていない、彼女と別れたと思ったら、すぐ次の女と付き合っている。そんな彼らを見て、羨ましいと思ったことがある人も多いでしょう。あいつは女に不自由していないのに、なんで、俺はモテないんだと悔しがったことがある人もいるかもしれません。じゃあ、なぜ彼らはモテるのか、一緒に考えてみましょう。


 フェロモンが出ている男って、結局、キムタクようなイケメンでしょ。イケメンなら、モテるのは、当然じゃないと思う人は多いかもしれません。しかし、フェロモンが出ている男はイケメンばかりではありません。私のかつての上司は、社内で不倫を繰り広げていましたが、決してイケメンではありませんでした。どちらかと言えば、ブサイクな方だったでしょう。結局、モテ男とモテない男の決定的な違いは、いったいどこなのでしょうか?それは、女性に対して自信を持っているか、持っていないかの差なのです。


 実際、モテる男は、女性と接するとき、グイッと自信を持ってリードします。自信があるので、頼りなげな態度は取りません。女性に対してある種のドSなのです。そんな男の態度を見て、この人、男らしいと女性は思うのです。


 これが、モテない男だと、女性に対して自信がないので、オドオドした態度を取ってしまいます。それが、女性から見ると頼りなげな人に見えてしまうのです。モテない男ほど、女性に優しく接しなければ、モテないと思い込んでいます。しかし、優しいだけの自信がない男だと、輪をかけて、頼りなげに見えてしまうものなのです。


 大事なことは、張ったりでも、自信を持ってリードするということです。最初から、女性を簡単に口説き落とせる男なんてそうはいません。みんな、数々の失敗を繰り返しながら、女性の気持ちを学んでいるのです。内心では、どうすればいいんだと悩んでいても、相手の彼女に対しては自信を持って接してみてください。そうすれば、きっと、彼女はあなたのことを男らしい頼りがいのある人と思ってくれるでしょう。試しにやってみてください。自ずと結果は変わってきます。


テーマ:

 気になる彼女と楽しいメールのやり取り。けれど、そろそろメールのやり取りだけじゃなくて、二人でどこかに出掛けたい。


 「いったい、どのタイミングで誘ったら、いいんだ?きっかけが・・・。」

 「断られるのは、嫌だし・・・・。」


 誘うきっかけが見つからない、どういうタイミングで誘っていいのか分からないと思っている人も多いと思います。今回は、誘うタイミングの見極め方について考えてみましょう。


 別に誘うタイミングなんて関係ない、誘いたくなったら、誘えばいいんじゃないの?と考えている人も多いと思います。けれど、相手の彼女から、誘ってほしいとサインが出ているのに、「断られたら、どうしよう・・・。」とタイミングを逃してしまう人もいるでしょう。また、一目惚れしたとばかりに、電光石火で熱烈にアプローチしたら、断られてしまったという人もいるかもしれません。最も簡単な誘うタイミングの見極め方は、一定期間(人によって違いますが、メールの往復5~10回程度)経過したら、機械的にデートに誘ってしまうやり方です。


彼女が誘ってほしいなと思っているのに、あなたが誘えずにまごまごしていると、あなたは友達というレッテルを貼られてしまいます。ようやく誘えたと思っていたら、他に好きな彼ができてしまっていたなんてことになったら、後の祭りです。

 またメールのやり取りなんかが少なすぎると、いくらあなたが彼女を好きでも、彼女にとってはあなたとの人間関係は構築されていません。そんな関係で、デートに誘っても、二人っきりになりたくないと警戒されて断られてしまうでしょう。


 そこで、一定期間経過したら、必ずデートに誘うという方法を取るのです。誘うのが苦手な人にとっては、誘いそびれてダメになってしまうパターンを防げます。前のめりになりがちな人にとっては、相手との人間関係を構築してから、デートに誘うことになるので、断られるリスクを軽減することができます。


 大事なことは、女性は誘ってほしいと思っているということです。メールのやり取りが一定期間以上続くということは、彼女もあなたに好感を持っているということなのです。一定期間経過すれば、彼女もあなたの人となりが分かってきて、あなたとの距離がグッと近くなっています。自信を持って誘ってみましょう。きっとオッケーと返事をもらえます。ぜひ、やってみてください。


 


 


 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス