ちょっと前にお友達から教えてもらったふんわりイラスト・いせざきとうこさんのなんでも相談室を受けてきました。

申し込んだ当初は、ブログのこと、価格設定のこと、あとはとうこさんの独立までの話を聞きたいなあ…と思っていたのだけど、予約日の1週間前に立て続け「いい加減、きめなさいよ」という出来事があり^^;;

決められないんです…という相談をとうこさんにきいていただきました。

この「いい加減、決めなさい」というのは周りの人の声でもあり、たぶんきっとわたし自身の声でもある。
今まで1年かけてAの道からBの道に方向転換して、さらに手放していいものは手放して…としてきたつもりだったのに、最終的にまだ決められない自分がいる、ということにぶちあたり。
とはいえ、決められないのがなぜなのか?がわからなくて。

そんな件からのなんでも相談室。
とうこさんは、10話したら間を飛び越えて200くらい先をみて「あ、これだ」ってぽんと結果を見せてくれる。
ご本人も同じようなことを言ってたけれど、例えて言うならそんな感じ。

なんで決められないのか?
感情に蓋をしているからだと思います

蓋をした理由までは掘り下げなかったけれど、その蓋はなくてもいいし、蓋をしてなくても大丈夫、ということ知って行くといい。

感情をもっと出していいし、その方が楽になる。
感情の蓋が外れると、自然に決められるから焦らなくていい。

そうすることで「今考えている一歩先が本来やりたかったこと、というところまでわかると思います」と。

その感情を出す、知る、感じる…をわかるツールとして、色鉛筆やクレヨンなんかのアイテムとお気に入りのノート、を提案されました。
今、何を感じてるかなってやったときに、出てきた感情を色で表現する。
ただ丸く塗りつぶしてもいいし、ぐるぐるっと渦巻きを描いてもいい。
感情と色をリンクさせることができるようになると、アイテムがなくても色で「今、○○って感じてる」ってわかるようになるから、と。

で、早速帰りに、東急ハンズへよって色鉛筆買ってきました^^
手帳用のカラーペンが3本くらいあるだけで、色鉛筆もクレヨンもなーんにも手元になくて(笑)
とうこさんからは「気に入るもの、目について心惹かれたものを買ってください」と言われ、1時間ほどうろうろした結果、決めたのがこれ↓



手のひらサイズの小さな色鉛筆12色



文字で書くと結構長いけれど、これはまだまだ第一ラウンド。
(でも時間にして30分弱)

第二ラウンドは改めて(笑)
(誰も読みたいと思ってないかもしれないけど、自分のために書くよ)


受付中メニュー



アトリエからのお知らせ

<アトリエメニュー>
セッション・講座一覧
最新スケジュール(随時更新)

<doTERRA(ドテラ)社エッセンシャルオイルについて>
エッセンシャルウェルネスサイト

<お問い合わせ先>
メールフォームから(PCのみ)
メールから(PC・携帯)