アルバム全曲解説その1 | ハモンドオルガン インスト トリオ ‘BANANA NEEDLE’

ハモンドオルガン インスト トリオ ‘BANANA NEEDLE’

ポップで踊れるハモンドオルガン インストバンド !!
ピアノより濃厚に、
ギターよりパワフルに
ジャズにロックにライブを展開中☺︎
Check it outHP→ https://banananeedle.wixsite.com/banananeedle


テーマ:
オルガン担当市塚です


ただいま好評発売中の1st album「バナナニードル」
こちらのCDの「オルガン市塚的勝手に楽曲全曲解説!」を何回かに分けて掲載したいと思います

6/9のワンマンライブの際にお客さまにお配りしたものに若干の加筆をしておりますので、ワンマンに来てくれた方も読んでね!


1 . Blonde Girl
バナナニードル初期からある作品のひとつ。
実はこの曲作った時はミディアムテンポのおとなしめな曲だったのですが、三重野氏のアレンジという魔法にかけられまして、楽しくノリノリな曲に変身致しました!
ブロンドの美女が赤いオープンカーで海辺の道路(私の中では湘南あたり)を走り抜けるイメージです。疾走感溢れる楽しい楽曲に仕上がったかと。
ソロ入り口の音階が上がっていくところで、海見えたーー!っていう開けた感じを想像しながら聴いてもらえると、ほのかに潮の香りがしてくるかと思います。


2 . Sweetな夜
このアルバム唯一の三重野氏による作品。
ちょっとマイナーのラテンとかあるといいよねー、というアドバイスを頂いた何日か後に私の携帯に、絶対歩きながら録音したでしょ!!と思われる鼻歌が三重野氏より突然送られて来たものを解析して曲にしました。
すごーく分かりづらいですが、ソロの一節にオルガンの神様 Jimmy Smithさんへのオマージュを込めております。
探してみてね!
自分的にはソロ明け後半のメロの後ろにいるフレーズとかバッキングが結構気に入っておりまして、熱く濃厚な夜を表現出来たのではないかと。
またこの曲はらむ氏が人生初のドラムソロをレコーディングするという、らむ氏にとって記念すべき曲なのでした。
ちなみにらむ氏の親御さんのお気に入りだそうです。やはり親は息子の苦労をキチンと受け取るんだなと、親の多大なる愛を感じた1曲になりました。
そんならむ氏より一言頂きましたのでどうぞ!
「個人的には初めて音源に収録したスイートな夜のドラムソロを必死に頑張ったので聴いて欲しいです 笑」
よかったねらむちゃん。ちゃんとご両親は聴いてくれてるよ涙


3 . シェーンブルンの丘
この曲ができた時、めっちゃロックな曲出来た!!と思いました。やはり私にはロックな血が流れたいたか!!と。
オーストリアにシェーンブルン宮殿という黄色い宮殿があるらしく、その前に広大に広がる丘のイメージ。実際に丘が広がっているかはわかりません。笑
三重野氏の滅多に見ることが出来ないフレットレスベースソロも良い丘感でてます。
オールインからは全てフルドローバーで弾き切るという男らしい一品。オルガンでしか出せないサウンドになっていると自負しております。
ちなみに我が家にある愛機のB-3で録音しています。


4 . ミツバチ
若めの曲書きたいなー、、と思って若いバンドさんとかを聴きまくっていたら出来た曲。実際そんな若いサウンドではない。笑
三重野氏のアレンジによってさらに熟年感が増して、、、(笑)
ただバンドで唯一20代のらむ氏のドラミングによってより一層若いサウンドに仕上がり、、、ましたかね?
ソロのイメージはズバリ女王蜂です!!
ソロ途中でなっている、ぱしゃーーん!!っていう雷みたいな音は、オールドのハモンドについているスプリングリバーブの音を録音したもの。
沼袋のオルガンジャズ倶楽部にあるオルガンを使って録音しました。マスター池さんありがとうございました!
スプリングリバーブを実際に体験したい方は、オールドのハモンドオルガンとレスリースピーカーを用意してそこにTREKⅡというリバーブを取り付けると体験出来るので是非やってみて下さい。



コレを読んでだんだんアルバム聴きたくなって来た!って方はこちらよりどうぞ!

ダウンロード版もあります!






BANANA NEEDLEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス