大正☆クインテット | 松田将希 オフィシャルブログ【夢を訪ねて280里】

テーマ:

皆さんこんばんは\(^o^)/

そろそろ桜が所々で
見れそうな時期になってきて
テンション上がりそうです。
(まだ上がってはない)

大正☆クインテットのことを綴る前に
舞台初日のアフタートークで話した
僕が天下をとったアプリを
皆さん気になってると思うので教えますね!
(忘れてたor何言ってんの?って言う人が99.9%の割合を占めてると思う)
『Twins』っていうアプリなんですけど
ゲーム性と操作は非常にシンプルです。
だけどもちょっと中毒性があるんです。
故に!!!この座組みで!!!!
5人に1人が!!!プレイしてたんです!!!
※つまり、4〜5人しかやってませんでした。

力丸役の康太くんが僕に勧めてきた時は
彼曰く、スコア200行ったらまじで神!
と、仰ってました。
それを聞いた僕は
絶対神になろうと思って頑張った結果…


ベストスコア1278pts叩き出しました。
なんなら世界記録
だしたかもしれません。(自惚れ)
皆さん、一回でいいので
やってみてください。笑
多分、一回じゃ辞めれないぐらい
少しだけハマるゲームです。
誰かが僕の記録抜かしたら
全力で抜かしに行きます。笑

よし、本題に入ろう。

舞台、大正☆クインテット
ご来場頂いた皆様
本当にありがとうございました!
いかがでしたでしょうか。
皆に夢があって、正義があって
それぞれの家族の居心地があって
過去を背負って生きた大正の物語でした。

そんな僕は赤星十蔵という役を
演じさせて頂きました。
(康太くん着替えるのはやくない?笑)
(観劇してくれて面会しにきたみたいなってるよ?笑)
バンディットVのシャイニング係でした。
赤星は目立ちたがり屋でキラキラしてて
ちょっぴりアイドルになった気分でした。
そして、そんな目立ちたがり屋だけど
誰にでも分け隔たりなく
接することができる人懐っこさと
ピカイチの優しさを持ってる。

僕は台本見ながら
めちゃくちゃ素敵な人間だなーって思って
早く赤星に近づきたくて
ちゃんと赤星を生きなきゃ。
という思いで稽古で沢山
試行錯誤してきました。
とにかく、周りや相手をみて
そこにほんの繊細な部分でも
動き、表情、感情の変化があったら
そこに反応することを徹底しました。
アドリブの回収とかしまくってましたけど
その場で、赤星十蔵として生きることは
絶対忘れずにただただ、赤星として
返してたことだけは自信を持って言えます。

やっぱり人間って誰かに
感化されて、影響されて生きているんだって
改めて思いましたね。
毎公演、パラレルワールドのような感じで
生きてたなっていうのが今回の感想です。
気持ちのベクトルは全部一緒だけど
その時の空気感や、呼吸、力の入り具合
が違うと、その気持ちの出し方が
自然と変わってて
そのやりとりが楽しくて楽しくて
しょうがなくて
舞台って楽しいなって心の底から思いました。
機械には絶対にできない呼吸があるのは
お芝居の良さだなってしみじみ思いました。

今回は自分のプランを出すというより
相手に寄り添うことを意識しました。


つむぎの歌のシーンはやってて
本当に皆が家族なんだなーって。
指揮者になるの心地よかったです。
最高のバンディットV withつむぎでした。

大正☆クインテットに出逢えて
本当に良かった。
みんなありがとう!!


白装束の皆さんと
このチームもいい家族。
敵だったけど、首領のこといじめたりしたけど
赤星的には、悪にはみえなくて
なんだかなーーーっていう思いのまま
彼らとの対立が終わってしまいました。


それと、個人的なことにはなるんですが

大将こと小川隆将。
実は彼とは福岡の専門学校の同期。
上京してきて初めて一緒に仕事しました。
それがとても嬉しくて嬉しくて。
専門学校を卒業して
同じ役者業ではあるけどそれぞれ
別の道に進んで約5年の時を経て
こうして一緒に同じ舞台の上に
立つことができました。
だから、この舞台の最後のシーンで
弁天が、俺たち別々の道に進むって
いうセリフがあるんですけど
別々の道でも
進む限りその道はどこまでも続くし
その道は誰かの道と絶対繋がってるんだな
って勝手に個人的に感動してました。笑

だからこれからも進み続けようと思います。









公演中のお手紙やプレゼントも
ありがとうございました!!
全部読ませて頂きました。
本当に力を貰ってます!
これからも、表現を通して
皆さんに恩返しをしていきます!

改めまして、大正☆クインテットに
ご来場頂いた皆様誠に
ありがとうございました!

それでは皆さん良い夢を♪


この写真を撮った後に僕は思いました。

衛生面大丈夫かな…と。
※バリバリ元気です!!

松田 将希さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ