いつまでも見てられるな〜

 

朝だけど日差しはきつい、でもなんかほっこり心が安らぐ水の流れ。

 

 

 

よくよく考えれば、稲ってすごいなあ。

 

たっぷりと恵みの水をもらっているとは言うものの、この炎天下暑い日差しを毎日浴びている。

 

太陽の恵みとはいえ、えげつない暑さに耐えながら秋に向かってゆっくりと「こうべ」を垂れていく。

 

 

その間には長雨や猛烈な台風、自然の恵みと脅威に耐えながら育っていく稲。

 

 

おいしい食べ物や食材はいっぱいあるけど極端な話、一生食べなくても別に構わないものある。

 

でもお米は違う!僕はお米好きやからそう思うのですが、田んぼ一面に広がる緑の穂が黄金色に変わっていく様。

 

夏から秋へ、稲からお米へ。

 

この光景はやはり日本だなぁ〜て感じる。

よその国にもあるけどやっぱり日本の田んぼの風景は最高。

 

お米はパワーの源、一日一食は絶対お米。

 

そんなお米を育てる水の流れ、なんか癒されるな〜。