さぼる・・・

テーマ:

「さぼる」→ 仕事や授業、或はやらなければならない事を怠ける事。

 

怠けるだけではなく、もはやその場所からいなくなり他の事をしたり、

ぼーっとしたり等々、あまりいい意味には使われませんね。

 

 

僕は時々仕事をさぼります。

さぼる理由は、息抜き・気分転換・仕切り直しってとこです。

 

 

いい意味でさぼっています。

この「さぼり」がないと前に進めないのです。

特にプランをしている時に頭が煮詰まってくるとよくさぼります。

どれだけ考えても出来ない時は出来ないのです。

ならば少し仕事から離れよう・・・

 

 

気分転換なら窓の外を眺めれば十分ですが。

うちの会社の窓からの眺めは抜群なので。(笑)

 

 

向こうに見えるのは東山。
左からウエスティン都ホテル〜知恩院さん〜霊山観音〜清水さんが見えます。

 

 

 

ではどのようにさぼっているのか。

一番多いのは「散歩」です。

ぶらぶらと近所を歩きながら、お日さんを浴びて、風を感じて、

道行く人や車を見たり、ウインドウや看板や建物を見たり。

近くのお寺や、時にはショップに入って買い物したりします。

 

 

そして喫茶店で一服。

 

 

お気に入りの喫茶店が何件かあるので、その日の気分で選んでます。

そこでは単純にぼーっとするか、iPhoneをいじってるか、本を読んでいるかです。

 

河原町三条の「六曜社」

ここのアイスミルクティーは世界で一番おいしいと思っている

甘さとミルクのバランスがなんとも絶妙!やさしい味です

 

 

 

たまには映画を見たりもしますね。

この場合ややこしい内容のものは見ないです。

派手なアクション物みたいに何も考えずに楽しめる映画が丁度いいです。

 

 

どこか頭のすみっこの方に少しだけ仕事の事はあるようですが、

出来るだけ頭の中をクリアになるようにしています。

 

 

このあと仕事に戻ると結構はかどったりするものです。

 

 

それでも仕事に心が向かない時は、もう店じまい…

明日からの仕切り直しです。

 

 

早々に店じまいしたら、飲みに行くのも良し、友人とのおしゃべりも良し、

銭湯に行くのもありですね。

 

 

なぁ〜んか気楽な商売やね〜って思われるかもしれませんが、

ある意味「さぼる」のも仕事なんですよね〜。(笑)

 

 

 

みなさんもどんどんさぼりましょう!

 

 

木屋町通り、いつもの通勤路です

 

 

いつも穏やかな高瀬川、ついつい眺めてしまいます

 

 

桜の頃はこんな感じです

毎日お花見しながら会社にかよっています

 

 

会社の前にある島津の創業記念館

古い佇まいが京都らしいですよね

 

 

あの頃が懐かしい押小路通り

 

 

この場所はある意味僕にとっての聖地です

 

 

商店街をキョロキョロと

 

 

ここもお気に入り、中庭があって落ち着きます

 

 

会社から近いのでよく行きます

でも二条の映画館の方が好きかな(笑)

 

 

京都のお土産を持って行くときに買いにいきます

よく買うのは「手はん」手ぬぐいのハンカチです

 

 

京都で知らない人はいないパン屋さん、ついつい買ってかえります

もちろん「カルネ」、でもここの「タマゴサンド」もお気に入り

 

 

鴨川の眺めはいいですね〜