涼しい顔をしてプリエ | バレエスタジオ クララ
新型コロナウイルスに関する情報について

バレエスタジオ クララ

千葉県成田、富里地域にあるバレエスタジオ クララのブログ♪

公演情報・チャリティー活動の様子からスタジオの日常まで
クララの様々な様子をお届けいたします。

6月レッスン初日の昨日は

マダム達のストレッチクラスと

大人初級クラスのおさらい会練習でした。

 

マダム達はいつも和やか&賑やかで

前半のストレッチが終わり

水分補給の時間になると

兎に角、お口のストレッチが始まります。

私も一緒にお喋りに参加しますが、

はいレッスンの続きですと切り替え

両手でバーに摑まりプリエが始まります。

 

子供も大人も関係なく みんなプリエからです。

 

 

 

 

私の主治医やトレーナーが初めて

お稽古場に来てレッスンを見学した

その翌日の事。

病院に行くと

あっ、先生来たの。プリエやって見せて。

 

 

 

プリエの話で持ち切りだったようです。

スクワットの変形をいともスムーズに

涼しい顔をして行っているバレリーナ(°°)

真似してみたけど、兎に角キツいよ。

やってごらんよ。

やってみないと分析できないだろう。

解剖学上の解析に夢中になる人達です( ^_^)

彼らにとって私達は良い意味で

人体模型なんですよ。

発表会は人体模型の宝庫で

嬉し過ぎるらしいです。

 

 

大げさですが、

私はこうして解剖学に貢献して来たと自画自賛で

羨ましい性格だねと言われそうですね。

 

 

そんな訳で健康維持には

プリエだけで充分と思う位の要素が

たくさん含まれいます。

まさに基礎訓練の根底である訳です。

 

柔らかく、しなやかなプリエをするために

必要な筋力や正しい膝の方向

背中や骨盤などの多くの注意が

バレエの全ての動きを支配しています。

 

ジャンプ着地の時のプリエ

回転した後の軸足のプリエ

何をするにもプリエですから

プリエがどれだけ重要かを

医療従事者に理解して貰ったうえで

怪我で苦しんでいるバレリーナを治療して貰い、

怪我を未然に防ぐ為の助言をして欲しいと

当時の私は強く望んでいました。

どんどん研究して論文書いて下さいと

思っていました。

 

もう20年も昔の話です。

 

今では、

バレエを専門に研究してくれている

医療従事者がとても増えて来た事は

本当に嬉しいです。

 

20年前の私にもっと発信力があれば

良かったのかな~なんて思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

バレエスタジオ クララのmy Pick