【施術例 15歳】本当に三角骨の痛み?? | バレエダンサーのレスキュー隊@大阪

バレエダンサーのレスキュー隊@大阪

ダンサー専門セラピストが、バレエをもっと楽しむためヒント(解剖学など)をお届けします。


テーマ:
ダンサー専門トレーナーの
Yoshieです^^



先週、三角骨の痛みに
苦しんでいる

中学生のKちゃんの感想
紹介したら、

すごい反響をいただきました。


ちょうど全国のバレエダンサーの
治療家やトレーナーたちも

三角骨についてたくさん
書いてくれています。

「三角骨まつり!」になって
いますので、

この機会に勉強してみたい
人は、のぞきに行って
みてください!


でも、勉強したら
ちゃんと帰ってきてね!(笑)



名古屋の葵接骨院の
藤田のぞみさん。

・正しくからだを使うの
 意味って??



奈良の柔道整復士、
杉山典之さん。

・なぜ三角骨障害は手術で
 完治しないのか? その1


横浜のバレエトレーナー、
猪野恵司さん。

・トゥセパレーターは
 やっぱり便利




そしてご存知、

オーストラリアはDLSの
佐藤愛さん。

・ダンサーのケガ
 三角骨ってなんだ?



さて、わたしは三角骨を
研究している専門家では
ないので、

先日のKちゃんのSOS
もうちょっと掘り下げて

紹介していきますね!


Kちゃんは両足に三角骨が
あって、

左足は手術でとりのぞいたと
紹介しました。

それが1年半前。

そして反対の右足は、

しばらく様子を見ましょうと
言われてたそうです。


Kちゃんが1回目の施術に
来られたとき

三角骨がある右足の

外くるぶしの後ろが
とても痛くて、

ルルベ、プリエとも

激痛状態でした。


痛みが出ていたのは、
くるぶしの下で、

少し腫れていて熱く、
痛みもあります。


長腓骨筋(ちょうひこつきん)
という筋肉の腱が

炎症をおこしている可能性が
高そうです。




痛みの程度を10段階評価
しました。


(もっとも痛くて耐えられ
 ないを10とします。)


【施術前の痛み】


 プリエ 5/10
 
 ルルベ 10/10


【施術後の痛み】


 プリエ 0/10
 
 ルルベ 2/10


施術後では痛みをあらわす
数字が小さくなって、

痛みがかなり減っているのが

わかると思います。


何をしたかというと、

痛みが出ていた足首まわりは
リリースといってゆるめた後、

全身の筋肉のかたさを
調整しました。


さらに、コアを使って全身を
引き上げるトレーニングを
しました。


足の痛みが出ている原因は
全身の連動が使えていなくて

足だけでルルベやポアント
していることにあると

考えたからです。



コアのトレーニングと

引き上げや内ももの動きの
再教育をした後は、

足首の痛みがかなり減りました。

【施術前】




【施術後】
写真だとわかりにくいですが、

お腹やわきがつながって
引き上げしやすくなっています。


ルルベではちょっと痛みが残って
いましたが、

炎症をおこしてしまった部分は

整体でどうこうすることは
できないので、

お家でのセルフケアで対応して
もらいます。


そのあと、反対の足が痛くなって

3週間後にもう一度来てくれた
ときには、

なんと、激痛だった右足は
まったく痛くなくなって
いたんです!


つまり、、

Kちゃんが「三角骨が痛い」
と思っていた痛み。

実際は三角骨が痛いんじゃ
なくて、

お腹や内もも、わき、
足の固有筋が弱いせいで

足の腱に負担がかかって
いたことによる痛みでした。


全身を引き上げないまま
ルルベしたときに、

小指側に体重がかかってしまう
という動きを

何度もくりかえした結果、

外側の腱に炎症をおこして
しまったと考えられます。


ダンサーのケガや痛みは

痛みが出ている部分と
全身の動きの

両方をみないといけないなと
いつも思います。



さて、ここから発展して
考えたことがあるので、

また水曜日に更新しようと
思いま~す。



*******************************

バレエダンサーのレスキュー隊は

新大阪にコンディショニング
スタジオをオープンしました!


  
   バレエダンサーのための 
   「3つのコース」
    ご用意しています!!  
 

   ご質問、ご相談がある方は
   こちらのお問い合わせから
       どうぞ♪






ブログランキングに
登録しています。


下のバレリーナちゃんをクリック
していただくと、


このブログにポイントが
つきます。

応援の「ポチッ」していただける
とうれしいです^^





バレエセラピスト Yoshieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります