バレエダンサーのレスキュー隊@大阪

バレエダンサーのレスキュー隊@大阪

ダンサー専門セラピストが、バレエをもっと楽しむためヒント(解剖学など)をお届けします。

 バレエダンサーのレスキュー隊は
 
新大阪のダンサー専門

コンディショニングスタジオです



理学療法士の国家資格を持つ

バレエ経験豊富な女性トレーナー
の整体とトレーニングで

・コンクールを目指すジュニア
・大人からバレエをはじめた方

仕事でたくさん踊るプロの方

すべてのダンサーが
軽くしなやかで、軸がとりやすい

「踊れるカラダ」に生まれ変わる
ことをお約束します!

  くわしくはコチラ♪

テーマ:
バレエセラピスト協会の
灰方淑恵です。
 

先日、バレエ軸メソッドの
 
ベーシック編というDVDを
撮影して来ました!
 





これまで、「入門講座」として
提供してきた内容ですが
 
少しお伝え方法を変えて
 
来年から「ベーシック編」として
リニューアルします。
 
 
その講座の復習や、自習に使って
いただける内容です。
 


 
撮影の準備をしている中で
最強のスイッチを発見しました!!
 
 
それは、、
 
「坐骨(ざこつ)スイッチ」です!!
 
 
これまでもお伝えしていたのですが
 
思っていたより3倍ぐらいの
可能性を秘めていたようなんです。
 
 
坐骨(ざこつ)は、骨盤の骨の
いちばん下にあります。
 
 
イスに座っている方、
 
お尻の下に手のひらを入れて
座り直してください。
 
「グリッっ」と当たってくる
出っ張りが「坐骨」です。
 
 
ここをしっかりと下に向けて
 
両方のスイッチをさわりながら
プリエやタンジュをすると
 
かなりやりやすくなります。
 
 
スイッチの効果を再発見してから
 
「なぜかな〜??」
と考えていて
 
答えが見つかりました!
 
 
坐骨には、
 
・引き上げの「ディープフロントライン」
・アンディオールの「スパイラルライン」
・姿勢を保つ「バックライン」
 
という3つの筋膜が
通っているからなんです!
 



 
だから、坐骨をさわるだけで
 
アンディオールまで
やりやすくなっちゃうんです!
 
 
これだと、がんばらなくて
楽に動けるようになります!!
 
 
まずは、試しに「坐骨さん」
探してみてください!
 
 
坐骨を意識して座るだけでも
 
お腹がしっかりして
上下に伸びる感じが
わかると思いますよ。
 
 
詳しくは、来年初頭の
DVDにてお伝えできる
予定です!
 
 
 
それまで待てない方、
 
11月11日(日)PM  東京にて
 
ベーシック編のプレセミナーを
開催できるかも!
 
なんです!!
 
 
今、会場を探しているところ
なので
 
決まりしだいお伝えしますね!
 
 
 
◆バレエのためのピラティス
 
10/23(火)15:00~17:30   19:00~20:30
 
 
 
バレエ軸®メソッド 認定講座
 
10/13(土)~14(日) バレエ軸®メソッド トレーナー養成講座
(キャンセル待ち)
 
 
 
 
◆整体&トレーニング【新規受付について】
 
10月中旬までの施術予約を受付中です。
こちらからご予約可能です。↓
 
 
 

 

 

 

 


テーマ:
バレエセラピスト協会の
灰方淑恵です。
 
自分も気をつけないと
いけないな〜
 
と思ったので、
 
 
オオマエ隊長のブログを
リブログします。

 

 


 



トレーニングでも治療技術でも

 

「これはいい!」ってものに

出会うと、

 

「これで打ち止め」=思考停止

 

になってしまう瞬間があります。

 

 

誰にでもそれをオススメしたり。笑

 

 

でも、すべてを解決する魔法は

ないわけで、

 

人と違うことも受け入れながら

インプットし続けないと

 

いけないなと思っています。

 

 

自分の軸となる考え方は

ありつつ、

 

常に新しいものに触れて

考え続ける。

 

 

私は体について学びはじめて

20年ぐらい経とうと

していますが、

 

毎日新しい発見と学びで

ワクワクします!

 

 

理学療法がベースだけど

体軸理論は外せない。

 

そこにピラティスを学んで
より体への理解が深まりました。
 



 
ピラティスレッスンに
飛び入り参加の巻。
 
 
 
今月もピラティスレッスンが
あります。
 
あと1〜2名だけ参加可能ですので
新しいことを学んでみたい方、
 
ぜひどうぞ♪




 
 
 
【ご予約可能なサービス】
 
◆バレエのためのピラティス
 
9/23(日)14:00~15:30
 ※新講師デビューキャンペーン!
 
 
 
バレエ軸®メソッド 認定講座
 
10/13(土)~14(日) バレエ軸®メソッド トレーナー養成講座
(キャンセル待ち)
 
 
 
 
◆整体&トレーニング【新規受付について】
 
9月末までの施術予約を受付中です。
こちらからご予約可能です。↓
 
 
 

 

 

 

 

バレエセラピスト協会の
灰方淑恵です。
 

先日、バレエ軸®︎メソッドの
2級・1級認定講座が
 
無事に終了しました!

 


 
その中で一番大事だと感じたことを
お伝えしていきます!
 
===========================
 カラダで感じる
===========================
 
「正しい動き」「理想的な動き」
 
ができない時、
 
その原因はいくつかあります。
 
 
色々勉強している人に多いのが
 
「頭ではわかってるけどできない」
 
「いっぱい調べすぎて、
 正解がわからなくなった」
 
というものです。
 

 
講座でも個人セッションでも
 
「理想的な動きの一例」を
 
アタマで理解して、
カラダで感じる
 
ことをとても大事にしています。
 
 
「こんな風に使ったら
 こんな風な感覚なんや〜!」
 
という体験は、
 
とってもエキサイティング
だからです!
 
 
日常生活に帰った後でも
ワークを続けよう!
 
というモチベーションアップに
つながります。


 


 
中でも、
一番感じてほしい感覚は
 
「みぞおちスイッチ」です。
 
(やり方はコチラ!
 
 
みぞおちのところの腹直筋を
ゆるめてあげて、
 
深層の大腰筋が主役に
切り替えてあげます。
 
 
先日質問があったのですが
みぞおちを意識するあまり
 
「ギューっと」かためるのは
逆効果になります。
 
 
みぞおちフワーッとさせといて
あげてください。
 
 
そうすると、自然に骨盤底や
大腰筋を使いやすくります。
 
 
日常生活でも、バレエでも、
ヨガでも、
 
みぞおちスイッチが
自動的にスイッチオンになると
 
とっても楽チンに動けるように
なります。
 
 
みぞおちスイッチを
カラダで体感していただける
 
バレエ軸®︎メソッドの講座、
 
実は、現在カリキュラム
再編中です。
 
 
来年からはよりわかりやすく
なって、再始動します。
 
 
他にも、スイッチの説明のDVDや
動画なども準備中です。
 
 
実は今月、撮影予定なんです。
 
お知らせできる段階になったら
どんどんお知らせしていきますね!
 
 
 
【ご予約可能なサービス】
 
◆バレエのためのピラティス
 
9/23(日)14:00~15:30
 ※新講師デビューキャンペーン!
 
 
 
バレエ軸®メソッド 認定講座
 
10/13(土)~14(日) バレエ軸®メソッド トレーナー養成講座
(キャンセル待ち)
 
 
 
 
◆整体&トレーニング【新規受付について】
 
9月末までの施術予約を受付中です。
こちらからご予約可能です。↓
 
 
 

 

 


テーマ:
バレエセラピスト協会の
灰方淑恵です。
 
 
日本人と西洋人では
「コア」の意識が違う
 
という話しをしようと
思います。
 
 
出典は『丹田・肚・スタマック』
高岡英夫・著です。
 
 
 
「丹田(たんでん)」という
言葉を聞いたことがありますか?
 
われわれ日本人は下腹部にある
丹田を意識することで
 
心身を落ちつかせることが
できます。
 
 
この大事な丹田ですが、
 
なんと西洋人では
 
「スタマック = 胃」
 にあたるそうなのです!
 
 
下腹部 と 胃 では
かなり高さが違いますよね?
 
 
そうです!
 
胃の方が高いのです!
 
だから西洋人の方が
高い分、引き上げやすいんです!
 
 
 
と書いちゃうと、
ちょっと乱暴ですが。。
 
 
西洋人が丹田を意識すると
活性化する筋肉は、
 
「大腰筋や横隔膜」で
 
 
 
 
日本人が丹田を意識すると
活性化する筋肉は、
 
「大腰筋や腸骨筋」など。
 
これまた高さが違います。
 
 
 
高岡先生によれば、
 
西洋人は日本人よりも
センターを重用する傾向が強い
 
らしいです。
 
 
ということは、
 
西洋人の方が軸の意識が強い
 
と言えそうです。
 
 
西洋でバレエが生まれたのが
何となく納得できますね。
 
 
もともと下腹部の意識が強い
日本人だからこそ、
 
胃の高さから始まる大腰筋の
働きが重要になります。
 
 
 
 
そこで大腰筋をスイッチオンする
「みぞおちスイッチ」です!
 
 
やり方ですが、
 
おへそから5センチ上のお腹を
そっと手でさわって、
 
そこから優しく折り曲げるように
3回前屈します。
 
 
 
終わったらみぞおちが
しまっておける位置に戻って
来ましょう。
 
 
何だか猫背な感じがするかも
しれませんが、
 
それがインナーマッスルが
使える姿勢になります。
 
 
鏡に写してもらうと
 
猫背には見えないと
思いますよ!
 
 
 
みぞおちスイッチは
バレエ軸メソッドの中で
一番大事なワークなので、
 
すべての講座で出てきます。
 
 
「丹田」などの身体意識の解説は
トレーナー養成講座で。
 
 
講座の構成はホームページを
ご覧ください。
 
 
 
 
バレエ軸®メソッド 認定講座
 
 
9/9(日)バレエ軸®メソッド 2級認定講座
10:00~13:00
 
 
 
9/9(日)バレエ軸®メソッド 1級認定講座
13:45~16:45
 
 
 
10/13(土)~14(日) バレエ軸®メソッド トレーナー養成講座
 
 
 
◆バレエのためのピラティス
 
9/23(日)14:00~15:30
 ※新講師デビューキャンペーン!
 
 
 
 
◆整体&トレーニング【新規受付について】
 
9月中旬までの施術予約を受付中です。
こちらからご予約可能です。↓

 


テーマ:
バレエセラピスト協会の
灰方淑恵です。
 
 
わかりそうで
意外と難しい「からだの軸」。
 
バレエ軸®︎マスタートレーナーの
ことこトレーナーが
 
写真で説明してくれています。
 

 

 

 

軸を感じて鍛える講座、

 

バレエ軸®︎メソッドは

 

オータムシーズンの受講申込みを

受付中です。

 

くわしくは一度ホームページを
ご覧ください。
 
 
 
 
バレエ軸®メソッド 認定講座
 
 
9/9(日)バレエ軸®メソッド 2級認定講座
10:00~13:00
 
 
 
9/9(日)バレエ軸®メソッド 1級認定講座
13:45~16:45
 
 
 
10/13(土)~14(日) バレエ軸®メソッド トレーナー養成講座
 
 
 
◆バレエのためのピラティス
 
9/23(日)14:00~15:30
 ※新講師デビューキャンペーン!
 
 
 
 
◆整体&トレーニング【新規受付について】
 
9月中旬までの施術予約を受付中です。
こちらからご予約可能です。↓