「初心者向け成長株セミナー」と「成長株投資の実践会」の違い | ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・成長株投資入門・稼ぎの学校・起業入門!

ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・成長株投資入門・稼ぎの学校・起業入門!

ホテル16軒、中学受験塾、おもちゃのECビジネスで成功し、貸ビル3棟、太陽光7箇所所有。海外も楽しそう!とインドネシア・バリ島で不動産投資、ヴィラ・別荘の建築・運営。
バリ島の海外不動産投資・株式投資・収益不動産情報・ラブホテル売買情報・起業副業。

長田先生との成長株投資のセミナーは、これまで40回近く開催している。

現在、定期的に行っているのは2つ。

「初心者向け成長株セミナー」と「成長株投資の実践会」である。


「初心者向け成長株セミナー」は、次回は10月9日で、13回目。

「成長株投資の実践会」は、次回の10月30日で19回目。

なぜ、基本である「初心者向け」が後から始まったのか。

それについて、長田先生が実践会参加者のレポートの中で

分かりやすく書いてくれている。



 
 

 

===== 長田先生から ==========

今回は初心者向けセミナーから初めて実践会に参加された方もいらっしゃいますので、

ここで簡単に初心者向けセミナーと実践会の違いを話します。


最初に三浦さんと株式投資の実践会をはじめた時は、

今回の成長株実践会のように株式を紹介していたのです。

しかしその根底にある売買の理由、すなわちなぜこの株式を買うのか、

どういうところに注目するのか、といった理屈に触れる時間がどうしても足りなかった。


私たちの究極の目標は、儲かりそうな銘柄を誰でもできる方法で見つけ出し、

楽しく投資を続けていきながら資産倍増、3倍増を目指すというものです

(三浦さんは10億円を目指していますが)。

この目的を自分の力で達成するためには、基礎的な知識の習得は避けられません。

そこで基礎的な内容については初心者向けセミナーにまわして、

実践会は銘柄の勉強に特化するということにしたのです。


1年間初心者向けセミナーを受講された方は、すでに基礎的な知識が十分に

付けられていると思いますが、場合によってはまだ十分に意識が身についてない 

と不安になっている方もいるかもしれません。

最終的にはご自身で自信を持って投資判断はできるようになるのですが、

その考え方が自分のものになるにはどうしても時間かかります。

セミナー受講の最終的なゴールとしては、私の横で一緒にセミナーをやっている

三浦さんのように、我が事のように私の話をコピーして話すレベルまで達すれば卒業です。

投資の勉強に割くことのできる時間、これまでの投資経験に違いがありますから、

どれくらいで身に着けられるかはわかりません。


一年で身につく方もいれば2年3年5年とかかる方もいるかもしれません。

実践会に参加されている方は初心者向けセミナーもご参加いただけますから、

ぜひお時間の許す限りご参加いただく、または後日動画でご覧いただければ幸いです。

=========================
 

 

 

===== 今後のセミナー予定 =====

 

10月からの第2期「成長株セミナー」、新体制について

 

10月9日(金)第13回初心者向け成長株セミナー

 

【動画セミナーのご案内】参加したいができない、という方へ

 

初心者向け株式投資セミナー【全12回の内容】

 

長田淳司の思い。「全12回初心者向け成長株投資セミナーにむけて」

 

===== 動画配信 =========

 

【動画】ラブホ社長、地獄の野村証券新人時代を振り返る~長崎~

 

 

 

【動画】借金11億円からの復活。その1「銀行返済ができないと、どうなるのか!?」

 

【動画】借金11億円からの復活。その2「社金問題は、弁護士に相談したらダメ!?」

 

【動画シリーズ】ラブホ社長の「稼ぎの学校」はコチラ

 

 

===== 現在、紹介している案件 =====

 

吉祥寺、利回り10.7%。吉祥寺通り沿いの1F好立地店舗

 

ANAダイナースプレミアムカードが復活!?希望者には担当を紹介します。

 

茨城県の売ラブホテル4800万円。利回り20%超。20ルーム超。これは安い!!

 

 

メルマガ

メルマガ登録をしていただくと、限定のバリ島不動産・セミナー情報をお届けします。

ご登録はこちらから

 

    応援クリックいただけると嬉しいです。

      ↓      ↓      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ 

 

稼げる人の常識、稼げない人の常識 稼げる人の常識、稼げない人の常識