女性の美と健康の要になる女性ホルモン!


女性ホルモンが一生のうちで分泌される量はティースプーン1杯分だと言われています。また、分泌される量は年齢により大きく変化します。分泌量のピークは20代後半から30代前半で、その後の分泌量は減っていく一方です。一生のうちで分泌される量は増やすことができなく、年齢と共に減少を続けるものだと言われています。


量が増えると身体に良さそうというイメージを抱く方は多いでしょう。しかし、ただ量を増やせばいい訳ではなく、量を整えることにより嬉しい美容効果等に期待ができます。


自律神経も同様の事が言えます。


自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成り立っています。この2つの神経のバランスが崩れると様々な症状が表れます。

自律神経が乱れると、血行不良の原因となり、体温調節がうまくいかず、冷えや低体温を招きます。冷えると、冷えること自体がストレスとなり、交感神経が過剰に働くので、自律神経のバランスが崩れます。すると、さらに血流の流れが悪くなり、さらに冷えを招くという悪循環に陥ってしまいます。



http://www.banjar184aroma.com


女子力アップランキング 友だち追加
女の本音・女心ランキング